さらに奥深いバスフィッシングの世界へ ロードランナー ストラクチャー

石川 晴彦

石川晴彦(ノリーズプロスタッフ JBマスターズプロ)

ノリーズのニューロッド、ロードランナー ストラクチャー ST620XLS-Asの
最終プロトをテストしてきましたので、私なりの感想等をレポートしたいと思います。

STRUCTURE

私が実釣テストに使用したST620XLS-Asは、その名の通りストラクチャーシリーズ、
いや、ロードランナーシリーズの中にあって唯一、そして初のオールソリッドカーボンロッドです。
オールソリッド、かつXLSというパワーからも分かるように、
このロッドは非常にライトなリグを操る事に特化したロッドです。

最初にこのロッドを持った時の印象は、他のストラクチャーシリーズに感じたような
軽さに対する驚きはありませんでしたが、ロードランナー初のオールソリッドということで、
色々な意味で物凄くドキドキしました。

皆さんも手にとって貰えればすぐに分かるでしょうが、6フィート2インチというレングスは
長過ぎず短過ぎず、このロッドのパワーに素晴らしいほどに合っています。
仮にこのパワーで6フィートでは十分なフッキングができないでしょうし、
もう少し長いとキャスト時やシェイクなどアクションを加えた時に余計なブレが出ますから、
この長さがベストだと思える絶妙なバランスなのです。

また、ラインを通してロッドを曲げたときの綺麗なベントカーブとトルクは、
この竿がシリーズ初のオールソリッドということや見た目の違いを抜きにして、
やはりこのロッドもロードランナーだな!と再確認できるものでした。

実釣テストは旧吉野川や早明浦ダム、野村ダムで行ったので、
リップラップにウィード、テトラや立ち木にバックウォーターと、
考えられるほぼ全てのシュチュエーションにおいてテストすることができました。

使用ラインはフロロ3lb.。
リグは1/64oz.~1/8oz.クラスのジグヘッド、ジグヘッドワッキー、スモラバ、
ネコリグ、ダウンショット等、こちらもできるだけ色々なリグでテストしてみました。

テストの結果は上々。
キャスト時にはしっかりとロッドにウエイトを乗せることができ、
軽いリグもストレス無く飛んでいきます。
また、底物に特化したと言うだけあって、ボトムでの操作感も十分満足できるレベルですし、
リップラップやガレ場は勿論、ウィードエリアでもその感度に不満を感じる事は無く、
そのバランスの良さからスタック自体も少なく、効率の良い攻めが展開できました。

食わせる力も秀逸。
トーナメント時のタフな状況下でもバイトを弾く事無く、しっかりと喰わせられました。
実際に私はこのロッドを使ったスモラバのボトムスイミングによって、
減水の進むリザーバーのバックウォーターでスレ切った800gフィッシュを仕留めることに成功!

bass1_100918.jpg
(右がST620XLS-Asで釣った魚)


少しミスればあっという間にルアーがスタックする大小の石が点在するスポットを、
時間も残り少ない中、バランスの取れたST620XLS-Asで根掛かることなく
効率良く攻めることができたからこそ獲れた魚だったと思います。

そのお陰もあり、念願だったチャプター愛媛の年間優勝を勝ち取ることができたのです!

bass2_100918.jpg


bass3_100918.jpg

私の住む四国でのプライベート釣行ではこのクラスの食わせ用ロッドの出番は少ないでしょうが、
私のようなトーナメンターや、タフレイクがホームのアングラーにとっては、
喉から手が出るほどに欲しかったタイプのロッドであることは間違いありません。

ロードランナーシリーズの中で一番小技が利かせられるロッドは何か?
と聞かれれば、私はこう答えるでしょう。


「それはロードランナー ストラクチャー ST620XLS-As だ」 とね!


このロッドが発売されることにより、汎用性のオリジナル、
中層のハイブリッドバキューム、ボトムのストラクチャーが揃うことになります。
これにより今後、今まで以上に奥の深いバスフィッシングが待っているのでしょうね!
今から楽しみです。