ノリーズ新作ビッグスプーン「ダイラッカ」テスト釣行!その2

足立貴洋

足立貴洋(ノリーズプロスタッフ ビッグフィッシュにこだわる河口湖ガイド)
フィールド:山梨県 西湖

みなさんこんにちは。タカヒロ足立です。

DAIRAKKA_proto.jpg

この前はダイラッカの西湖でのテスト釣行でファーストフィッシュを
キャッチするところまでをお伝えしましたが、今回はその続きです。

ファーストフィッシュをキャッチしたエリアを細かく観察していると、
ワカサギボールにバスが追尾する魚探映像が流れました。
このタイミングで一撃必殺、ダイラッカを撃ちこむと、もうワンビッグバイトでデカバス炸裂!!

bass1_130901.jpg

bass2_130901.jpg

この時、田辺さんが命名した「紫くんカラー」、メタルパープルワカサギが好調です。

同じ50mぐらいのストレッチをもう少しやりこんでみると、田辺さんにも1バイト。
確実にこのストレッチと釣り方があっている感じで、しかもバスがデカイ。
さらに思ったのは、ルアー自体が持っているポテンシャルがハンパなく高く、
こんなに簡単にビッグバスがバイトしちゃっていいの!?って思うぐらいのバイト連発。

さらに、白根ボートさんに戻る移動途中、ランガン的になんとなく
岬の延長線上の15mを狙ってみると、またしてもビッグバイト!!

bass3_130901.jpg

中層サーモクライン上のサスペンドフィッシュが釣れました!
水深15mの5mぐらいでのバイトで、ピックアップ中の巻き上げバイト。
今回は、エリア的に少しクリアになったような気がしたので、
気分で選んだオイカワカラーでキャッチ。

この「ダイラッカ」、ヤバい。
ルアーが持つポテンシャルそのものが破壊的な最強ビッグスプーン。

15時頃、少し暗くなってきて、このタイミングこそバイトチャンスと思い、
ひたすら一撃必殺のダイラッカを繰り返していると、遠目で田辺さんにスーパービッグバイト!

田辺さんが激ファイトで、最後は抜き上げ!!と思ったら、跳ねて大ジャンプでポロリ。
おそらく本日一番いいバスだっただけに、本当に上げて見たかったですね。
本当に今日は田辺さんの釣りを見て、お世話になりっぱなしでした。

日本全国にはいろいろな湖がありますが、
クリアウォーターでワカサギ、オイカワ、ハスがいるようなレイクでは、
真夏のサマータフを打開するスーパーアイテム、「ダイラッカ」。
ひと足先にちょっといい思いをしてすいませんが、もう少しで完成なので発売が楽しみですね。

<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 6100H
ライン:フロロ20lb.
ルアー:ダイラッカ(プロト、メタルパープルワカサギ)

ダイラッカを使う際のロッドチョイスは、強めのロードランナーヴォイス 680H、6100H、
そしてロードランナー ストラクチャー ST700Hなどがオススメ。
ダイラッカ自体が38gと重いルアーなので、キャスト時に力負けしないパワーのロッドをチョイス。
シャクった時、つまりリフト時にストロークを長く取りたいので、
やや長め、7フィートクラスのロッドが使いやすいでしょう。

ラインは、ディープでも極力伸びが少ないフロロカーボンラインを選択。
16lb.以上であればOKですが、基本は20lb.がベストマッチ。
リールは水深7~12mを釣る場合、ギア比7~8ぐらいが使いやすいです。