進化を遂げた必殺技!ダイラッカ38g奥義・巻きスプーンでビッグバス捕獲

足立貴洋
足立貴洋(ノリーズプロスタッフ ビッグフィッシュにこだわる河口湖ガイド)
フィールド:山梨県 河口湖

みなさんこんにちは。河口湖ガイドのタカヒロ足立です。
いよいよ7月になり、本格的に真夏の暑さに突入の時期ですね。

bass1_140710.gif

夏場の河口湖のバスの一日の動きを解説しますと、
サマーシーズンのモーニングタイムは、晴天だとだいたい8時までがトップで楽しめます。
ビハドウザグバグレイダウンミノーウエイク110プロップなどを
駆使して攻めてみるのがいいしょう。

BIHADOU

ZAGBUG

LAYDOWN MINNOW WAKE 110 PROP

9時以降は、徐々にウィードを伝って、ミドルレンジやディープウォーターへ
徐々にレンジが深くシフトしていきます。
日中はミドルレンジのウィードの中へ入ったり、湧き水のあるディープに移動したりするので、
ラバージグやビッグスプーンが効果的。
マズメ時と呼ばれる夕方には、再びシャローレンジへベイトを捕食しに回遊してきます。
この時間帯は 再びトップがいい感じ。

bass2_140710.gif

さて、今シーズンもビッグスプーン・ダイラッカ38gは大活躍で、
必ずビッグフィッシュをもたらしてくれるスーパールアーです。

ダイラッカを使うなら、ロードランナー ヴォイス 6100Hがイチ推し!!
リールはギア比7:1以上のハイギアで、個人的にはギア比8:1のリールを使用しています。

前回のレポートでは「サマービッグスプーンシーズン開幕!」ということで、
オープニングフィッシュは、まあまあビッグバスでしたが、今回さらにデカイのが釣れました!
しかも今回は少しアクションにアレンジを加えたダイラッカ奥義、「巻きスプーン」で捕獲セリ!!

当日はモーニングタイムが終わり、デイタイムへ差し掛かるタイミングでの出来事!
朝、オイカワやハスがシャローで泳いでいる岬まわりの少し深い水深へ、
ダイラッカを「巻きスプーン」で投入。
ルアーアクションのイメージとしては、
「岬まわりに回遊しているベイトに巻いて当てるような感じ」で、
さらに、たまにシャクってウィードのバスにアピールしつつ、
ルアーが逃げるS字系アクションでリアクションバイトを誘います。

bass3_140710.gif

まだウィードは生えたてで、まばらでパッチ(柱状)ですが、ここにバスが潜んでいます。
少し深い水深のウィードの上へキャスト後、カウントダウン。
そしてリトリーブしてS字ウォブリングで巻きます。
ウィードに掛からないように、うまく落とし込んで巻くのがこの釣りの特徴です。

bass4_140710.gif

これはちょっと悪い例です。
ウィードが掛かり過ぎで、これではスプーンのいいS字系アクションができません。

bass5_140710.gif

当日の水質は少し濁っていたので、迷わず絶好調のDR10:プレミアムゴールドをチョイス。



シャローにオイカワやハスが多く回遊していたので、
きっとこの「スプーン巻き」の奥義が炸裂するはず...。
丁寧に丁寧に、ウィードをひとつひとつ撃ってリトリーブすると、
いきなり、ドスーーーンと強烈なビッグバイト!!
キャストしてフォール、リフトした後のS字系ウォブリングのリーリングで
突然ルアーが吹っ飛ばされました。
これはデカイ!夏らしいパワフルファイトのビッグバスを捕獲セリ!!

bass6_140710.gif

きっと、ウィードパッチから勢いよくビッグスプーンに突っ込んできたビッグバスでしょう!

bass7_140710.gif

エエ掛かり方しております。
やっぱ濁りでは、最強のプレミアムゴールドがイチ推し!!

まだまだ夏ははじまったばかり。
みなさんも、この強烈なビッグスプーンの極意、巻きパターンを体感してみてはいかがでしょう!

<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 6100H
ライン:フロロ20lb.
ルアー:ダイラッカ38g(DR10)