ジャンルを超越!ウインドレンジ&リングマックスバスで良型アイナメ!

mikami.jpg
三上顕太
(エコギアプロスタッフ 北海道在住)
フィールド:北海道 白老

先日行われたパワーオーシャンカップ室蘭ランガンにおいて、
上位の方がスピナーベイトを用いての入賞ということで、
ロックフィッシュにおいてのハードルアーの可能性が新たに見えました。

過去にはボートロックなど活性の高いエリアでの投入はあっても、
トーナメントレベルでの実戦投入と意味では、やはりまだまだソフトルアーが大半を占めます。

HULACHAT

私も去年の秋口からフラチャットを機に、スピナーベイトも通常釣行の中に取り入れてきましたが、
ソフトルアーでは入らない魚が釣れることが巻いていく中で分かってきました。

そして先日、この時期になると北海道のどのエリアも夏枯れの状態に入り、
港内での釣果は厳しくなりますが、過去の経験から夏こそ強い釣りが効くので、
水温が上がる前のシャローエリアに的を絞り、やる気のあるアイナメを狙ってみました。

風と飛距離を考慮し、セレクトしたのはウインドレンジ1/2oz.(748 ライブゴールドアユ(G/G))。

WIND RANGE

(748)

水深の変化がある場所を重点的に巻いてビックバイト!
狙い通りのグッドサイズのアイナメをキャッチしました。

ainame1_140805.gif

気温が上がり巻きが厳しくなってからは、17.5gテキサスに
こちらもアイナメに抜群の効果がある3.6" リングマックス バス

351:バンドウカワエビと

363:アダルトテナガを駆使して、

コンディションの良い45アップのアイナメをキャッチしました。

ainame2_140805.gif

ainame3_140805.gif

先にも書きましたが、北海道のロックフィッシュにおけるハードルアーの必要性は確実にあり、
トーナメントレベルでの使用も勿論ですが、更なる可能性を求めて私も実戦投入して行きたいです。

<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトムTR RBT78MHC
ライン:フロロ10lb.
ルアー:ウインドレンジ(748)
リグ:17.5gテキサス+3.6" リングマックス バス(351、363)