"しなやかさ"と"感度"を両立したロッド「エコギアスペック KATSU-AJI 69」

野呂 昌明
野呂昌明(ノリーズプロスタッフ IQアオリイカサバイバー)
フィールド:神奈川県 根岸湾内

皆さんこんにちは。野呂昌明です。

2016年が幕開けしましたが、初釣りには行きましたか?
私の今年の初釣りは、千葉県 飯岡沖の、ひとつテンヤマダイ釣行からのスタートでした。
その釣果はというと......。

ご想像にお任せいたします(笑)。

初夢ならまだしも、悪夢のような初釣り?
私は初釣りと認めていないのですが(笑)、その悪夢を払拭すべく向かったのは......
もちろん東京湾のボートアジングです。

困った時のボートアジング。私はこれに頼りすぎています(笑)。

今回は、ノリーズとエコギア初のコラボ? ニューロッドとして発売されました
エコギアスペック KATSU-AJI 69の初使用となりました。

aji1_0118.jpg

エコギアスペック KATSU-AJI 69は、アジング専用で設計された、いわゆるアジングロッドです。
従来のアジングロッドは、極細ライン+極小ジグヘッドを使用するウルトラライトタックルの
アプローチには強すぎるぐらいの硬いバットが特徴的な物が非常に多くあります。
これはこれで、用途にそって設計されているので、これももちろんアジングロッドなのです。

しかし「エコギアスペック KATSU-AJI 69」は、ここであえて"しなやかさ"を追求することで、
ウルトラライトタックルの感触を手元で感じながらキャストからアプローチ、
そしてアジとのファイトまでを思う存分楽しむことの出来るロッドです。

釣行当日はいつもの事ながら、横浜の根岸湾内を攻めました。
強いカレント内のアジへのアプローチとなるので、ここではロッドの感度はとても重要となりますが、
申し分ない感度でリグを流れの中でドリフトさせている感覚がつかめ、
そこからのアジの吸い込みから出るバイトが手元でしっかりと感じて取れました。

aji2_0118.jpg

ヒットした後もロッドがアジの緩急ある走りをロッドの曲がりで吸収してくれるので、
バラシの無さには驚くほどでした。

「エコギアスペック KATSU-AJI 67」という掛け調子のモデルも発売しております。
こちらはまだ私は使っていませんので、詳しい内容をお話できないのが残念ですが
エコギアスペック KATSU-AJI 69からも想像できるように、満足させてくれる一本に仕上がってくると思っております。

アジングファンの皆様、ぜひ使ってみていただきたいと思います!!


<タックルデータ>
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 69
ライン:ナイロン 1.5lb.
ルアー:アジマスト1.6" / 2" / 2.4"、エコギアアクア 活アジストレート
    + アジチョンヘッド 1.2g