もうすぐ発売! インレットシャッドで大雪の青森初バス

田中 努
三上哲(ノリーズプロスタッフ HBA初代AOY 八郎潟フラチャットマスター)
フィールド:青森県 小規模水路

みなさん、こんにちは!
ノリーズ プロスタッフの三上です。

ここ最近は全国的に大雪に見舞われ、しばれる日が続いております。
もちろん私が住んでいる青森県も大雪! 積もった雪を掻き分け、2016年の初釣りに行ってきました。

bass1_0126.jpg

bass2_0126.jpg

気温は-2℃!! ......まだ暖かい方かな!?
そんな真冬の氷点下の状況で、初バスを釣り上げる事ができたタックルとパターンを紹介します。

ルアーは、昨年12月 初冬のオカッパリ釣行から使い込んで釣果を出しているプロト製品の
3.2インチ インレットシャッドの1.8gジグヘッドリグ。

bass3_0126.jpg

小刻みにアクションするインレットシャッドのテールは、まさに小魚のようです。
動き出しのレスポンスもよく、ジグヘッド、ダウンショットなど、食わせのリグに適しています。

使い方は、まず見えバスの動きを予想して、バスが止まるであろう場所にルアーをキャストし
ボトムの一点シェイクで食わせました。
ラインスラックを出して、そのラインスラックを使ってシェイクし、微妙に振動を与えるのがコツです。

bass4_0126.jpg

bass5_0126.jpg

ロッドは、ロードランナー ストラクチャー ST670MH-Ft。
フィネスティップがテクニカルなシェイキングを可能にし、バスを掛けた後はMHクラスの
ブランクのパワーで一気にカバーから引きずり出せる、お気に入りのベイトフィネスロッドです。

bass6_0126.jpg

bass7_0126.jpg

こちらは昨年12月中旬と下旬に釣り上げた2尾。
3.2" インレットシャッドの1.8gジグヘッドリグで、バンクの岬でジャークしてリアクションで食わせました。

bass8_0126.jpg

インレットシャッドは、ピンスポットでシェイクする食わせの釣りや、ジャークするリアクションの釣りなど
様々な使い方ができる万能なルアーなので、雪積もる青森県、氷点下の真冬でも釣果実績があり
デビューが楽しみなルアーです。早ければ今月末にも発売するので、皆さんも是非、色々な使い方を試してみてください!

へばまた!!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST670MH-Ft
ライン:フロロ8lb.
ルアー:3.2" インレットシャッド + 1.8g ジグヘッドリグ


ブログ「八郎潟 バスフィッシングガイド 三上哲 ~ふぃーっシュ!!~