降雪翌日の相模湖 クリスタルS 1/2oz.でプチ春爆!

鶴岡 克芳
津輕辰彦(ノリーズプロスタッフ ハードベイトネゴシエーター)
フィールド:神奈川県 相模湖

ノリーズプロスタッフ津輕です。
2月とは思えない程に暖かくなった日の翌日、関東の平野部ではなんと雪が降り、この一気に冷え込んだタイミングで相模湖に行ってきました。

bass1_0219.jpg

この日は、H-1グランプリ開幕戦のプリプラクティスも兼ねて、最上流部までをざっくりとエリアを見ていくプランです。
当初はディープの釣りをメインに考えていましたが、いざ相模湖に到着してみると水温は10度を超え、水はささ濁り。
水中はもう春に違いないと、急遽シャローをメインにすることに。

程なくして水温が高いエリアを見つけ、岩盤の岬をクリスタルS 1/2oz.で流していくと......、リーリングが止まるバイト!

CRYSTAL S

ドラグが出る程トルクフルな引きのビッグフィッシュでした!

bass2_0219.jpg

bass3_0219.jpg

この時期の魚はハードベイトに反応こそするものの、ルアーを引くレンジにはシビアな傾向があります。
なので、エリアを流しつつ、1投毎に違うレンジを探って行き、その日に合ったレンジを見つけることが重要です。

この日、バイトがあったのは水深1mほどのレンジでした。
ここぞ!という岩盤での1投目は水面直下。2投目は1m......と水深を刻んでいく2投目でキャッチしました。

釣行後に「クランクベイトなど、他のルアーではダメですか?」という質問をいただきましたが、
前述のようにレンジを刻んでいくためには、1投ごとにクランクベイトを細かくローテーションしていく必要があり、タックルもたくさん必要になります。
足場の狭いレンタルボートでは持ち込めるタックル数も限られますし、数投毎にロッドを持ち替えるのは非常に手間です。キャストも決まらなくなります。

そこで私は幅広いレンジをカバーできるよう、クリスタルS 1/2oz.にフロロの10lb.と、やや細めのラインを合わせて使いました。
普段は14lb.を基準にしていますが、10lb.にすることで表層から2~3mくらいを引きやすくなります。

また、一段下のレンジを引くためにディーパーレンジを使うという手もありますが、
濁った水の中で適度な水押しを得られるように、オリジナルのクリスタルSを使いました。

もう少し季節が進んでくれば、スーパースローロールを使って力強い水押しが有効な時もありますが、季節は早春というよりはまだ冬の出口。
オリジナルのクリスタルSが調度いい強さです。

ビッグフィッシュをキャッチした後は、最上流部を目指しながらエリアのチェック。
そして2尾連続でキャッチ!

bass4_0219.jpg

bass5_0219.jpg

この日、魚をキャッチしたのは全てクリスタルS 1/2oz.の749:ライブワカサギ。

bass6_0219.jpg

昨年、津久井湖でもビッグフィッシュをキャッチしたカラーで、濁りが入ったリザーバーでとにかく強い、私のフェイバリットカラーです!



皆さんもクリスタルSを持ってリザーバーに出掛けてみて下さい。
信じて巻き続ければ、きっとナイスフィッシュに出会えます!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス HB640ML
ライン:フロロ10lb.
ルアー:クリスタルS 1/2oz.(749: ライブワカサギ)


■ブログ
ポチョンドッカン