早春のシャローフリップでチャプター 5位入賞!! 一押しタックルはコレ!!

山口 博史
諸富真二(ノリーズプロスタッフ 琵琶湖の若獅子)
フィールド:滋賀県 琵琶湖

皆さん、こんにちは!
ノリーズプロスタッフ、琵琶湖ガイドの諸富真二です。

琵琶湖は3月半ばに入り、さらに春めいてきています!!
やっぱりこの時期は、水中が一気に「冬から春へ」変化してくる時期なので、
その変化を追うのが「バスフィッシングらしい」感じがして、本当に大好きなシーズンです。

そして、今回のレポートはというと......
実は先日のチャプター京都 第1戦で、得意な『シャローカバーの釣り!!』で
5位に入賞することができました!!

bass1_0318.jpg

bass2_0318.jpg

なので、今回はシャローカバーで私が溺愛しているタックル達をご紹介したいと思っています!!

私と言えば......、
「ライトフリップ」のイメージが強いと思うのですが、
今年の春は、まだ魚がそれほどシャローカバーに多くないという印象でした。

しかし、3月も半ばになり、まとまった雨の影響で水位も上がり、
少数ですがシャローのマットカバーに入りだした様子。

この、マットカバーを釣って行く時に重要なのが『タックルセッティング』!!
ロッドは、ジャングルスティックシリーズで決まりです!!

bass3_0318.jpg

使えば使うほど、このロッドでなければ「獲れない状況」が間違いなく存在します。

硬いロッドにPEラインを組み合わせると、「伸びがほとんど無い」セッティングになる為、
バイトしてからアワセるまでの「間」が作りにくくなります。

「フリップの釣り」のバイトの出方は本当に様々です!!
・カバーに入れた瞬間に強烈に襲ってくるバイト......
・リグがボトムに着いてから、ゆっくりと押さえ込むようなバイト......等々。
この釣りで、個人的に一番難しいと思うのが『フッキング』なのです。


※今回のトーナメント中でも、押さえ込むだけのバイト......ありました。
そんなバイトのときに、バスに離させずに掛けられるのがジャングルシリーズならでは!!

ジャングルスティックシリーズはロードランナーならではの
「しっかり食い込ませるロッドティップ」を備えているので、どんなバイトにも対応ができます。
それでいて掛けてからのトルクフルなパワーでカバーから引きずり出すことが可能なのです。

正直......、私もこの釣りをやり込んできて、いろいろなロッドを使ってきましたが、
絶対の自信を持ってオススメできるロッドがこの竿です!

※ちなみに、PEラインでのフッキングはロッドにかなりの負担がかかるので、
ヤワなロッドでは「ロッド破損」に直結します!!

今まで無茶なフッキングを何度もしてきていますが、ジャングルスティックシリーズのロッドを折った事は1度も無し!!


使い込めば使い込むほど、いまだに
『ジャングルスティックシリーズを超えるフリッピンスティックは出てきていない......』と感じさせられます。

最近では、ありがたいことに、ガイドゲスト様を始め
琵琶湖のトーナメンター達にも、ジャングルスティックシリーズの良さを理解してきて頂いていますね。
確かに、「軽いロッド」ではないですが、バランスがいいので使っていても『重い』と感じた事はありません。

ガイドゲスト様もジャングルスティック+エスケープツインの組み合わせで早春フリップフィッシュ!!

bass4_0318.jpg

私的なロッドの使い分けは......
・1oz. 越えシンカーのフリップ、パンチングには:ロードランナー ヴォイス 760JH!!
・3/8~3/4oz. のフリップには:ロードランナー ヴォイス 760JMH!!
という使い分けが最高に気に入って使っています。


使うソフトベイトに関しては、間違いなくエスケープツインで決まりっ!!

ESCAPE TWIN

エスケープツインに関しては、わざわざ説明するまでもないほどの名作ですが、
フリップにおいて重要な事をここでひとつ!!

エスケープツインは2本のパドルでボリュームがあるように見えますが、ボディ自体はかなり細いです!!
ゆえに、カバー際で掛けた時にフックポイントが露出しやすく、「フッキング率」が非常に良いんです!!

特にバスのコンディションが悪い時に「獲れる」or「獲れない」の差に大きく関わってくるところなので、
こういったところまで気を付けて頂くと、フリップで釣れる魚の数、サイズ共に増えてくるとおもいます。


カラーに関しては、早春時期の白濁りには「317: ライトグリーンパンプキン ブルーFlk.」。



そして、クリア気味になった時、ピーカン無風のコンディションの時は「351: バンドウカワエビ」が効果的!!



今大会の試合当日も、強烈な冷え込みで「押さえ込むバイト」でしたが、
しっかり上顎に掛け取り込む事が出来ました!!

これからスポーニングまでの時期はフリップで特大クラスが期待できるシーズンになっています!!
一見、豪快な釣りに見えますが、実際には繊細な釣り!!
やればやる程、楽しくなってくる釣りなので皆さんも是非!!やり込んでみて下さいね~

それでは!!


<タックルデータ 1>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 760JH
リール:ハイギア ベイトリール
ライン:PE 65lb.
ルアー:エスケープツイン + 1oz.テキサスリグ

<タックルデータ 2>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 760JMH
リール:ハイギア ベイトリール
ライン:PE 65lb.
ルアー:エスケープツイン + 3/4oz.テキサスリグ


諸富真二ガイドサービス
公式ホームページ
■ブログ「諸富真二のBass Fishing Life