三重チャプター開幕戦! F-エスケープツインで3位入賞!!

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ リザーバーマイスター)
フィールド:三重県 青蓮寺ダム

3月13日、NBC三重チャプターの開幕戦が、青蓮寺ダムにて開催されました。

先日レポートしたように、少し前に、陸っぱりからも50cmアップを釣っていましたが、
トーナメント週は、半分冬に戻ったような寒い日々となり、
前日プラでは誰も魚を釣っていないほど、超が付くほど厳しいレイクコンディションで当日を迎えました。

今回の作戦は、F-エスケープツインのテキサスリグで冠水ブッシュを撃つというもの。
寒くてもいち早く春の動きをしてシャローに差している魚は必ずいると信じていました。

水がクリアで、かつ、みんなが同じようカバー撃ちをする状況ですので、
あまり岸際の浅いところは見た目には良いカバーでもプレッシャーで厳しいと読み、
水深でいうと 2~3mくらいの、一段深いところの冠水カバーを丁寧に丁寧に撃っていきました。

週半ばの雨の影響で、クリアながらも、ほんの少し白っぽいニゴリが入っていたので、
白ニゴリの中で水になじみつつ、ぼんやりと目立ち過ぎない、存在感の出せるカラーの
072: テナガシュリンプをチョイスしました。

072 テナガシュリンプ

すると、とある冠水ブッシュでコン、と明確なバイト!
フッキング後に一瞬、障害物に絡まれかけましたが、ST730JHのパワーで強引に引き離し、
40cmくらいの貴重な貴重な1匹をキャッチ!!

想定していたよりは大きくない魚でしたがとってもシビれる瞬間でした。

bass1_0316.jpg

そして結局、この後は追加なく終了。
帰着してみると、ウエイインがなんと3名しかなく、結果は3位でした。

上位2名の方々は、ジグヘッドのミドスト、ビッグベイトがパターンでしたので、
この日、カバー撃ちをした人たちの中で魚を得られたのは、僕ひとりだけだったようです。

あらためて言うまでもないことではありますが、
こんな厳しい状況下でもバイトをもたらしてくれるエスケープツインはやっぱり本物だなと感じました。

ESCAPE TWIN

また、今回は事前にバイトパウダーエビをまぶしていたのですが、
釣った魚はエスケープツインをガップリと飲み込んでいて、プレッシャーのかかっている試合中とは思えない
とても深いバイトでしたので、バイトパウダー効果も大きかったと思います。

BITEPOWDER EBI

今年は開幕ダッシュに成功することができましたので、簡単ではないことは分かっていますが
これまで何度か王手をかけては跳ね返され続けている自身3度目の三重チャプターオブザイヤーを目指して
頑張って行きたいと思います。


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST730JH
ライン:フロロ 20lb.
ルアー:F-エスケープツイン(072: テナガシュリンプ)
    + 3/8oz.テキサスリグ


■ブログ
ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~