いよいよオープンの東山湖フィッシングエリアで爆釣!!

  • 情報公開日:
  • カテゴリ:

伊藤 雄大
伊藤雄大(ノリーズプロスタッフ Mr.精密機械)
フィールド:静岡県 東山湖フィッシングエリア

9月も終盤となり、涼しい日が多くなってきました。
夏の間クローズしていたトラウトの管理釣り場も次々とオープンの日を迎え、
毎週どの釣り場に釣行するか迷ってしまう季節の幕開けです(笑)

trout1_0930.jpg

そんな中、私のホームグラウンドである静岡県 御殿場市の
東山湖フィッシングエリアもオープンを迎えたので、釣行してきました。

オープン直後の管理釣り場の魅力は、なんといっても普段では味わえないような爆釣を体験できる事。
ポンド全体の魚がフレッシュな為、ルアーに対する反応がすこぶる良く、ワンキャストワンヒットになる事も珍しくありません。
放流パターンの練習にもうってつけの状況なので、繰り返し数を釣る中で一気にテクニックを磨くチャンスでもあります。

今年は、オープン当日と翌日は予定が合わず、オープンから三日目の釣行となりました。
一日目、二日目にはかなり釣れているという情報をSNS等で目にしていたので、
フレッシュな魚はすでに釣り切られてしまっている可能性も有り、少し心配しながら釣りをスタートしました。

はじめに、鱒玄人 ルーニー 2.8g(001:放流赤金)をフルキャストし、着水と同時に速めのスピードでリトリーブすると、
ハンドルを5回転もしないうちに「グンッ!!」という強いバイト。

trout2_0930.jpg

開始一投目から魚をキャッチする事ができました。
心配は全くの杞憂に終わったようです(笑)

魚の活性が高い事が分かったので、スパイクアロー62Lとナイロン3lb.のタックルで、ガンガン攻めていきます。

trout3_0930.jpg

引き込まれるバイトに対してはティップの柔らかさを活かしてそのままノセ気味にフッキング。
ルアーに魚が勢い良く追いついてラインがふわっと緩むようなバイトに対しては、
ロッド全体のパワーとリールを使った巻き合わせでしっかりとフッキングを入れてバイトを拾っていきます。
バイトの質を問わず、柔軟に対応できるのがスパイクアロー62Lの良さです。

二時間ほど釣り続けていると、ようやく少し反応が落ちてきたので、
このタイミングでルーニーのカラーをローテーションしていくと、再びワンキャストワンヒットになりました。

trout4_0930.jpg

trout5_0930.jpg

trout6_0930.jpg

trout7_0930.jpg

この日は003:クリーミーピンク、056:スターライトビーチ、057:ディープブルー、
ハデヤマメ(イベント限定カラー)の反応が特に良く、この4色のローテーションが効果的でした。

003:クリーミーピンク(003:クリーミーピンク)

(056:スターライトビーチ)

(057:ディープブルー)

スタートから3時間ほどが経過し、ここまでずっと入れ食いが続いてかなり満足したので、
ここからはプロトロッドのテストに切り替えました。

テストしたのはエステル、PEラインといった低伸度ラインの使用を前提とする専用ロッド。
フィネス系のスプーニングや、トーナメントで話題のエステルクランキングを高い次元でこなす為の、
チューブラーティップの62ML-T。
ハードソリッドティップとシャープなブランクを持ち、ルアーにミリ単位の操作を与える事が出来る61M-Sの二本です。

すでにトーナメントでも実戦投入して成果を上げているロッドですが、ガイド位置の微調整を行った直後だったので、
キャストフィール、フッキングパワー、ファイト中のロッドの曲がり具合等を入念にチェック。

trout8_0930.jpg

この時メインでキャストしていた鱒玄人 ソフィア 1.6g(015:マッド&スノー)の反応も良く、
数多くの魚をキャッチする事で良いテストができました。
これから冬にかけてのシーズンの中で、さらに煮詰めていこうと思います。

涼しく釣り易い季節を迎える管理釣り場に皆さんも遊びに行ってみて下さい。
その際はルーニー&ソフィアを忘れずに!!

鱒玄人 ROONEY 鱒玄人 Boon


<タックルデータ 1>
ロッド:スパイクアロー 62L
ライン:ナイロン3lb.
ルアー:鱒玄人 ルーニー 2.8g

<タックルデータ 2>
ロッド:プロトロッド 62ML-T
ライン:エステル0.3号 リーダー:フロロ3lb.
ルアー:鱒玄人 ソフィア 1.6g

<タックルデータ 3>
ロッド:プロトロッド 61M-S
ライン:エステル0.4号 リーダー:フロロ4lb.
ルアー:鱒玄人 ソフィア 1.6g