トラウトキング選手権大会エキスパート部門 史上初の二戦連続優勝!!

伊藤 雄大
伊藤雄大(ノリーズプロスタッフ Mr.精密機械)
フィールド:静岡県 フィッシングリゾート ジュネス

釣りビジョン主催のトラウトキング選手権大会 エキスパートシリーズ 第2戦に参加してきました。
今回の会場は静岡県のフィッシングリゾート ジュネス。

自宅から1時間程度で行ける近場のエリアということもあり、
昨年の末から入念にプラを繰り返し、様々なゲームプランを構築して当日を迎えました。

今回は当日放流無しでの試合だったので、ポンドに馴染んだ地の魚をいかに釣っていくかがキーとなりました。
ゲームの主軸となった5パターンと、タックルセッティングを紹介します。


【マジックジャーク】
ハイフロートミノーを使用し、トリッキーなアクションでリアクションバイトを狙いました。
ラインによる魚へのプレッシャーを抑えて繊細に攻められるように、エステルラインの0.4号をチョイス。
ロッドはエステルライン用プロトロッド61M-Sでセッティング。

trout1_0321.jpg


【ボトムクランキング】
マジックジャークと同じ、上記のタックルを使用。
爆発力はないものの、どの時間帯でも安定した釣果をもたらしてくれました。

trout2_0321.jpg


【トップウォーター】
2回戦の時間帯は快晴無風でライズが多かったので、トップウォーターが活躍。
デイブレイク61HにPEの0.15号をセッティングして、遠投で沖の表層を攻略しました。


【シャロークランク遠投】
3回戦、準決勝ではそれまでのプレッシャーにより魚がトップウォーターに出きらなくなったので、シャロークランクにチェンジ。
スパイクアロー62Lにナイロン3lb.のセッティングで超遠投して、沖のフレッシュな魚を連発しました。

trout3_0321.jpg


【マイクロクランクでの中層攻略】
エステルライン用プロトロッド62ML-Tにエステルの0.3号のセッティング。
引き抵抗の弱いマイクロクランクを正確にコントロールするためのタックルです。

trout4_0321.jpg

trout5_0321.jpg

決勝戦はそれまでのシャロークランクへの反応が落ちたので、マイクロクランクに切り替えて、フィネスにアプローチ。

trout6_0321.jpg

大逆転での優勝へと繋がりました。

trout7_0321.jpg


これらが上手く噛み合って、トラキン史上初の二試合連続優勝を果たせました!
残すは最終戦のみ。史上最高得点での総合優勝目指して頑張ります。

trout8_0321.jpg