春一歩手前のクルーズバスをTGジャカブレード 12gで攻略!

中西 靖明
中西靖明(ノリーズプロスタッフ JBマスタープロ)
フィールド:滋賀県 琵琶湖

みなさんお久しぶりです(*^^*) ノリーズプロスタッフの中西です。

いよいよ3月も終わり、バスも春を意識してシャローに差してきました!
グッドサイズを巻いてド~ン!なんて話もあちこちで聞かれるようになってきましたが、釣りには行かれていますか!?
僕はここ数日、関西と言えばここ!の琵琶湖へ何度か釣行を重ねているので、その状況をお伝えしたいと思います。

今年の琵琶湖は藻刈りの影響か!? 水温、雪解け雪代の影響か!? ウィードが非常に少ない状態が続いています。
このためか、バスの着き場が安定しておらず、なかなか簡単には魚に触れることができないことも少なからずあり、
ガイドの方でもピンスポットを持っていないと苦戦をしいられることがあるようです。

僕もそれを知るまでは「もう春だから」「巻いて1発」ってな思いで【らしきエリア】を
ショットオーバーシリーズやディーパーレンジでガンガン攻めていたのですが、いっこうに反応なし(ノ_・,)

最高水温もまだ10℃に届かないためか!? 少し冬寄りのディープフラットエリアを
TGジャカブレード 12gで攻めて行くと、ポロポロと反応が......

TG JAKA BLADE

bass1_0331.jpg bass2_0331.jpg bass3_0331.jpg

サイズは選べず、釣ってみなくちゃ分からない(゜▽゜*)という釣りではあるのですが、
春一歩手前のバックアップパターンとしては充分に通用するものですよ!

バスは全く浮かずに底をクルーズしているため、
アクションはほとんどジャガブレードを持ち上げないショートピッチでのリフト&フォールで、
ロッドはクランキングロッドとして名竿のHB760Mを使用していました。

「えっ!? こんな長いロッドで」と思われる方も多いかと思いますが、高さが稼げることと、
小さな力でもしっかりジャガブレードを動かせ、疲れない♪
そして掛けてからバレることも少ないから、楽々1日釣りができるタックルセッティングと思いますよ。

あと、ジャカブレードは今までノリーズのプロスタッフが何度も紹介していると思われますが、
ブレードのスイベルをスプリットリングに交換した(改)仕様 (^-^)/

bass4_0331.jpg

何もないディープフラットハードボトムですが、「こんな季節でも魚はガンガン回っている」のですねq(^-^q)

bass5_0331.jpg

群れで入ってきたときには魚探の画像が、えらいことになってましたからね~!!(゜ロ゜ノ)ノ

春本番となるまでもう少し!の、短い期間のバックアップパターンではあるでしょうけど、
ジャガブレードのクルーズバス攻略法♪ みなさんも試してみてください(*^^*)


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB760M
ライン:フロロ12lb.
ルアー:TGジャカブレード 12g(184:メタルアユ、243:メタルクラウン)