NBCチャプター愛媛 開幕戦4位入賞! エスケープツインのビフテキリアクション

井原 浩二
井原浩二(ノリーズプロスタッフ アグレッシブトーナメンター)
フィールド:愛媛県 野村ダム

3月26日に愛媛県 野村ダムで開催されたNBCチャプター愛媛の開幕戦に出場してきました。

今回は久し振りに前日プラにも入れたので、現在の湖の状況を把握するために全域をザックリ見て回りました。
全体的に10~11℃と水温もそれほど上がっていない上に、冷たい雨の影響で魚の動きはまだスローで、冬から春になる途中という状態。

コンタクトポイントの少し深めでプリスポーンのキロオーバーが釣れたので同様のエリアをチェック。
念のため越冬エリアもチェックしたものの、釣れるのが400g前後のキーパーサイズだったので消去。
その他に数か所でバイトのみ確認し、念のために越冬エリアでのキーパーパターン(釣れるが小さい)も確認して翌日に備えました。

当日はインターセクション付近からスタート!
エスケープツインをセットしたビフテキリグでテンポよく岩盤の張り出しや大岩をリアクションで探っていくがバイトがない...。

ESCAPE TWIN

前日にバイトを確認したエリアをローテーションしながら入り直していき、岩盤の張り出しで10時30分頃に初バイト!
1本目は1,100g。

水温が上がり始めた頃にバイトがあったので、今からだと信じて同様のエリアに何度も入りなおす...。
そして12時頃に待望の2回目のバイト!
サイズもアップして1,600gのキッカーフィッシュをキャッチ!

すぐに続けて反応があったものの、まさかのすっぽ抜け...。
前日のプラから釣れるサイズが良かったので信じて最後までやり通したが2本のみで終了。

bass1_0405.jpg

リミットメイクはできなかったが、サイズに助けられ2,781gで4位入賞することができた。

今回、メインで選んだエリアはコンタクトポイントになりそうな大岩や岩盤の張り出しで狙うのはその一段下。
例年だと3月末の野村ダムはカバーの中層に浮くプリスポーンを狙うのがセオリーですが、予想外の寒の戻りで急激に冷え込み、
おまけに冷たい雨でバスの動きは停滞している様子だったので一段下の3~5mレンジを中心に探りました。

釣り方は、前日から全てエスケープツインの3/4oz.ビフテキリグで、
重いシンカーを使用した速い動きのボトムポンプでリアクションバイトを誘う釣り方。

この時期は手元まで感じるようなバイトはほとんど出なく、「フッ」と軽くなるようなリズムの変化がバイトですので
アクション中の変化や違和感には即アワセをしましょう!

また、ロッドはロードランナー ヴォイス LTT 680MHを使用しましたが、ハードルアーからソフトルアーまで使用範囲が非常に幅広く、
1本あれば重宝するロッドですので超オススメの1本です!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 680MH
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:F-エスケープツイン(317:ライトグリーンパンプキン ブルーFlk.)