春の琵琶湖!!ガンターオーバルがプリメスに荒効き中!!

山口 博史
諸富真二(ノリーズプロスタッフ 琵琶湖の若獅子)
フィールド:滋賀県 琵琶湖

皆さん、こんにちは!!
ノリーズ プロスタッフ、琵琶湖プロガイドの諸富真二です。

さて! 4月に入り安定した気候も続いた事により、一気に琵琶湖は春モードに突入してきました。
つい最近までは、気温も1ケタ台だったのに......(笑) 季節の移り変わりは早いですね!!


そして今年の琵琶湖のキーワード。
それは『ウィードが少ない』という事。

特に、フラットエリアでは全くと言っていいほどウィードが生えていないので、
ハードボトムが絡み、尚且つ、枯れ残りのウィードがある『浚渫エリア』をメインに釣っています!!


今現在の琵琶湖の状況ですが、典型的なプリスポーン段階の個体が狙い目です。
・オスがシャローエリア
・メスが浚渫の一段深い側
にポジショニングしているので、勿論狙いは『一段深いトコロ』です。

そういった場所で効率良く、釣って行けるのがフットボールジグ!!
その中でも「ガンターオーバル 3/8oz.、1/2oz.」がプリスポーンのメスに効いており、ガイドでは連日 50cmアップがラッシュ中!!

bass1_0413.jpg

バイトからのフッキングがタマリマセン......。

bass2_0413.jpg

これぞ!琵琶湖ポテンシャルな体系!! ヤバスギ......

bass3_0413.jpg

春休みらしく、親子でバスフィッシング!!
もう最高です! 偉いぞ!「ガンターオーバル + エスケープツイン」笑

GUNTER OVAL

ESCAPE TWIN

特に、ガンターオーバルは特徴的なヘッド形状により『ステイ時の姿勢が斜め』に立っているので、
プリのメスバスから発見されやすいんです。

そしてフックは『ナローゲイプ & ロングシャンク』を採用している事により、ウィード、障害物への『スタック率の低さ』もピカイチ!!
(※ちなみに、浚渫エリアで使う時はスタックする可能性が低いので、よりフッキングをよくするためにガードを外しています。)
琵琶湖の50cmオーバーでも曲がらない強度があるので、フッキングもばっちり決めてオッケーです。


< ウエイトに関して >
・無風状態、ウィードが多い場所は・・・3/8オンス
・強風時、ウィードが無い場所、そしてよりリアクション効果を高めたいときは・・・1/2オンス
と言った使い分けです。


< トレーラー >
トレーラーは色々試したのですが、圧倒的に効いたのが「エスケープツイン」。
アクションは4、5回ボトムバンプさせて、ステイ(※時間は1秒~3秒)の繰り返し。

エスケープツインをトレーラーに付ける事によって
素早いアクションにも『バタバタ』とふたつのパドルが水を縦に押す事によってリアクションが掛かっています!!


< カラーに関して >
水質がクリアアップしている状況なので『薄め』なカラーが荒効き中!
ガンターオーバルは「136:ライトグリーンパンプキン」、エスケープツインは「351:バンドウカワエビ」がオススメですよ!!

002




それと、ガンターオーバルを使う時に重要なのがタックルセッティング!!
あまりティップが入りすぎるとガンターオーバル特有のクイックなアクションが出しにくいので、
私は「ロードランナー ストラクチャー ST670H」を使っています。

「ST670H」はティップまで強さがあり、尚且つ繊細なアクションもできるロッド。
特に、浚渫エリアのピンスポットで仕掛けていく時は絶対に外せないロッドです。

今年の琵琶湖はウィードが少ないので、例年とはちょっと違ったアプローチをしてやることによって、
獲れる魚の数、サイズ共に伸びますよ!!
皆さんも春のジグ展開!! 最高に楽しいゲームをしてくださいね!!

それでは!!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST670H
リール:カシータスMGL HG
ライン:スーパーFCスナイパー インビジブル 14lb.
ルアー:ガンターオーバル 3/8oz.、1/2oz.
+ エスケープツイン


諸富真二ガイドサービス
公式ホームページ
ブログ「諸富真二のBass Fishing Life」