春はディーパーレンジ

田中 大介
田中大介(ノリーズプロスタッフ 山口のストイックバスアングラー)
フィールド:山口県 菊川湖

皆さんこんにちは。良い釣りしていますか?
ノリーズ プロスタッフの田中大介です。

毎年、春先にディーパーレンジで良い釣りをしているのですが、今年はタイミングを外しまくって苦戦する日々が続きました。
しかし、やっと「これぞスピナーベイトパターン!」という状況に遭遇しましたので、レポートいたします。

IMAG0140.jpg IMAG0147.jpg

IMAG0148.jpg IMAG0149.jpg

まず、狙いはプリのポジションに入るちょっと前の魚になります。つまり、浮いている魚です。
そして、濁りは大事なファクターです。もちろん、雨、風があればもっと良いでしょう。

エリアは、スポーニングに適したシャローが近くにあり、なおかつインレットが近くにあるところ。これはワカサギの遡上とタイミングが合うと、より爆発的な釣果になるからです。
カバーを意識している魚よりも、ベイトを意識して動いてきている魚の方が釣りやすいと考えます。

巻くスピードは、"できる限り遅く"が基本です。イメージは中層のスローロールです。
レンジはロッドの高さやラインの太さで調整します。場合によってはトレーラーを付けることもあります。
自分がイメージするレンジを引けるようになるまで、何度も練習してください。

水深があまりに浅いときは、ディーパーレンジを軽くする時と、シャローロールにシフトする時があります。

IMAG0152.jpg

その差は水の色です。クリアならディーパーレンジ、濁っているならシャローロールです。

DEEPER RANGE  SHALLOW ROLL

もちろん、カラーのローテーションも大事です。

簡単な釣りではないかもしれませんが、いつかビックリするようなラッシュに出会うことができると思います。
やはりハードベイトはKeep Castingが大切ですね!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB680M
ライン:フロロ 14lb.
ルアー:ディーパーレンジ 1/2oz.(721:ホワイトクリスタル)
クリスタルS シャローロール 3/8oz.(765:ライブワカサギシルバー)






ブログ
「EASY ACTION!」