早春の遠賀川のハードベイトローテーション


南敏哉(ノリーズプロスタッフ 佐賀県在住)
フィールド:福岡県 遠賀川

皆さんこんにちは! ノリーズプロスタッフの南です。
いよいよ本格的にバスフィッングシーズンの季節になってきましたが、今年の九州は気のせいか例年よりも冬が長かったような......。
しかし水中では間違いなく季節が進行しており、それに伴い明らかにバス達が春の一大イベント「スポーニング」に向けて動き出しています。

今回はその動き出したバスをハードベイトローテーションにて狙いましたのでご紹介します。

今年の遠賀川は、年始から3月に入るまでの間、水温 3℃台という日も多くありましたが
今月に入ると水温も高い日で13~14℃、しかし一度寒波が入ると10℃まで下降という
なんとも安定しない日々が続いて、「釣れない」との声が多く聞こえていました。

今回、私が釣行した日も冷たい雨が数日降った後で、水温も10~12℃を行ったり来たりで、おまけに泥濁りが入り出したタイミングでした。

bass1_0324.jpg

通常であれば少し厳しいコンディションではありますが、この状況だからこそ反応するバスがいると確信してゲームスタート!

具体的な狙いとしては、越冬エリアから近場にあるシャローフラットのハードボトムで
その中でも比較的背の高い構造物に日照量や潮回りのタイミングで差し込んでくる個体です。

しかし、この手のバスはまだガンガン反応する訳ではなく、私のイメージとしてはルアーに対して非常にセレクティブだと感じていましたので
一流しで終わるのではなく手を替え品を替えで攻める事に。

まずは、まだ濁りが入ってないエリアをディーパーレンジ 3/8ozで食わせよりにアプローチすると、いきなりバイト!

DEEPER RANGE

...でしたが

bass2_0324.jpg

ナマズでした。スミマセン(笑)
しかし、フィッシュイーターが動き出しているとポジティブに捉え、今度はあえて濁りの入ったハンプの杭周りを
波動重視のクリスタルS シャローロール3/8ozで何度か角度を変えトレース。

SHALLOW ROLL

杭を抜けた瞬間、ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB640MLのティップからブレードの振動が消え、弧を描きました!

bass3_0324.jpg

まだ少し冬っぽいバスですが、来たるべき時に向け、様子を見にきていたのでしょうか?
この後しばらくバイトが遠のきましたので、今度は同じようなエリアで食性を意識した攻めに変更し、
ワーミングクランクショットフルサイズ、246:タナベセレクトタイガーⅡで!



bass4_0324.jpg

この2匹(ナマズを入れて3匹(笑))で共通したバイトの出方がトレース角度を何度も変えた事と、物にコンタクトした後のバイトでしたので、
積極的にルアーを追うのではなく、条件があった時にのみ躊躇なく口を使う。しかしソフトベイトでは食わない。
といったややこしいものでしたので、翌日考えた末に選んだのはTGラトリンジェッター

TG RATTLIN' JITTER

狙いは一定のレンジキープとハイピッチのよる微振動。
物に当てた時にバランスを崩した際のバイトチャンス時に、軌道がそれほどズレずに
バスの視界から消えない範囲でバイトを狙うイメージで押し通すと......。

bass5_0324.jpg

春らしいグッドコンディションが登場しました!
結論、今回は春爆とはなりませんでしたが、厳しいコンディションの中で私自身がハードベイトの持つ「力」を再認識した釣行となりました。
皆さんにも是非この「力」を今春体感されるのをオススメします!


<タックルデータ 1>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB640ML
ライン:フロロ 14lb.
ルアー:クリスタルS シャローロール 3/8oz.(プライムタイムセレクト)
    TGラトリンジェッター(レイバンレッド)

<タックルデータ 2>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB710LL
ライン:ナイロン 12lb.
ルアー:ワーミングクランクショットフルサイズ(タナベセレクトタイガーⅡ)