インレットミノーのジグヘッドリグ(ミドスト)が絶好釣!?

和田 壮義
和田壮義(ノリーズプロスタッフ 紀伊のスーパーロコ)
フィールド:奈良県 津風呂湖

みなさん、こんにちは。
ノリーズ プロスタッフの和田です。

前回の釣行では、インレットミノーのジグヘッドリグでビッグバスが好反応!
中層を攻略して感触を掴みました。
その翌週も津風呂湖にチャレンジです!

季節が進むにつれてメインベイトのワカサギもレンジを変え、エリアも移動してしまう可能性がある。
状況を見るためにも、まずは前の週に魚影が濃かったエリアへ......
どうも反応を得られない。
魚探の映像を見ても魚のレンジは深くなっているようだ。

ジグヘッドを、標準としていた1.3gから1.8gに変更して再チャレンジ。

すると、直ぐに答えが返って来ました!

bass1_1123.jpg
44cm、1,600g


2.8" インレットミノー(IL03: リアルワカサギ)+ 1.8gジグヘッド(フックサイズ: #2)

少し深いレンジで中層スイミングさせました。

その後、エリアを移動して

bass2_1123.jpg bass3_1123.jpg
48cmで......、なんと2,700gのブリブリ君を仕留めました!


ルアーは、3.5" インレットミノー(IL04: パープルワカサギ)

この日は、中層の5mラインまで我慢してルアーを送り込んでやらないと、バイトはありませんでした。

つづいて、翌日も浮かびました! ゲストと同船しての釣行です。
天候は雨。低気圧であっても、やはり状況としては良くない。
雨が水面を叩いているような状況では、ワカサギの「もじり」も期待できない。

エリア移動も繰り返して......
やがて雨が止む瞬間があり、その数分間がチャンスでした!

ワカサギは表層近くに浮上し、さらにバスが押し上げている感じなのです。

bass4_1123.jpg bass5_1123.jpg
ゲストが46cm、1,500gを。

bass6_1123.jpg


ルアーは、2.8" インレットミノー(IL03: リアルワカサギ)+ 1.3gジグヘッド

つづいて私が

bass7_1123.jpg bass8_1123.jpg
50cm、1,800g

bass9_1123.jpg
口の中にガッポリ!


ルアーは、2.8" インレットミノー(IL06: ステインチョイス)+ 1.8gジグヘッド(フックサイズ: #2)

さらに、またまたゲストにも

bass10_1123.jpg bass11_1123.jpg
49cm、2,100g

ルアーは同じく、2.8" インレットミノー(IL03: リアルワカサギ)+ 1.3gジグヘッド。

中層 2~4mを狙い撃ち! 連発です!!!
やはり! ゆっくりなリーリングと細かなシェイキングで
「水中をゆっくり漂わせるようなアクション」に反応したようです。

今年は、ワカサギのレンジもまだまだ深くないので、
ジグヘッドのスイミングで、狙い通りにコンスタントにグッドサイズが獲れています。

今は1.8gまでのウエイトで結果は出ていますが、これから急な冷え込みなどあれば、
さらに重いジグヘッドに変えて、もっと深いレンジで使います。

深くなればなるほど、ジグヘッドではレンジキープも難しくなるので、
それ以上に深いレンジを上手く攻めるなら、ダウンショットリグの出番ですね!

もちろん! ルアーはそのまま、インレットミノーを使いますよ(笑)。
早くも、次の釣行が楽しみです♪


<タックルデータ 1> 0.9~1.3gのジグヘッドリグ用
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST630MLS-ULFt
ライン:フロロ 3lb.
ルアー:2.8"、3.5" インレットミノー

<タックルデータ 2> 0.9~2.2gのジグヘッドリグ用
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST610LLS
ライン:フロロ 3~3.5lb.
ルアー:2.8"、3.5" インレットミノー