千葉県/印旛沼

20180909_kawasemi M sama.jpg

1.ハンドルネーム: カワセミM 様

2.釣行日時: 30年9月9日(日) 5:00~8:00

3.場所(県/釣り場名): 千葉県/印旛沼

4.写真1枚添付

5.使用エサ: わたグル、 野釣りグルテン、 グルテン1

    

6.使用タックル: 竿:和竿二尺、 仕掛け:自作シモリ仕掛け

7.当日のご感想: 記載なし

埼玉県/南部 用水路

20180909_ma-chan sama.jpg

1.ハンドルネーム: マ-ちゃん 様

2.釣行日時: 2018年9月9日

3.場所(県/釣り場名): 埼玉県/南部 用水路

4.写真1枚添付

5.使用エサ: タナゴグルテン



6.使用タックル:9 竿:0mm自作竿

7.当日のご感想: もう、秋ですね?
 本日は、雌オンリーに雄数匹でした!水位も下限MAXにて、来週は出来ないかも?

千葉県/手賀沼

20180908_kawasemi M sama_1.jpg 20180908_kawasemi M sama_2.jpg

1.ハンドルネーム: カワセミM 様

2.釣行日時: 30年9月8日(土) 4:30~6:00

3.場所(県/釣り場名): 千葉県/手賀沼

4.写真2枚添付

5.使用エサ: タナゴグルテン



6.使用タックル: 竿:小物釣り用竿

7.当日のご感想: 記載なし

埼玉県/南部の池

20180830_hatakeyama sama_1.jpg 20180830_hatakeyama sama_2.jpg

1.ハンドルネーム: ハタケヤマ 様

2.釣行日時: 2018年8月30日(日) PM15:00~17:00

3.場所(県/釣り場名): 埼玉県/南部の池

4.写真2枚添付

5.使用エサ: グルテン1 + タナゴグルテン + グルテンα21  独自配合

    

6.使用タックル: 竿:60cm竹竿、 仕掛け:自作プロペラ仕掛け

7.当日のご感想: 新仔~5cmクラス迄飽きない位釣れました。男前のカネヒラとヤリタナゴも釣れました。

奈良県/某所

20180901_shonen sama.jpg

1.ハンドルネーム: 少年 様

2.釣行日時: 2018年9月1日

3.場所(県/釣り場名): 奈良県/某所

4.写真1枚添付

5.使用エサ: 凄グル(水少なめ) + 九ちゃん(少量)

  

6.使用タックル: 竿:万能竿6尺、 仕掛け:連動シモリ仕掛け(自作)

7.当日のご感想: 雷雨の後の奈良遠征。
 今年の8月にアブラボテを確認した水路にてボテを今回もget。
 しかし、3時間粘ってこの釣果。数が極端に少なく、局地的な生息環境を痛感しました。

大阪府/大阪市 淀川 城北ワンド

20180829_shonen sama.jpg

1.ハンドルネーム: 少年 様

2.釣行日時: 2018年8月29日

3.場所(県/釣り場名): 大阪府/大阪市 淀川 城北ワンド

4.写真1枚添付

5.使用エサ: 野釣りグルテン



6.使用タックル: 竿:万能竿6尺、 仕掛け:連動シモリ仕掛け(自作)

7.当日のご感想: 淀川のカネヒラはどうやらシーズンインしたようです。
 雄の婚姻色は日々鮮やかになり、浅瀬での求愛行動も確認出来ました。本格的に秋が始まりますね。

奈良県/某所

20180818_shonen sama.jpg

1.ハンドルネーム: 少年 様

2.釣行日時: 2018年8月18日

3.場所(県/釣り場名): 奈良県/某所

4.写真1枚添付

5.使用エサ: グルテン1(水少なめ)



6.使用タックル: 竿:万能竿6尺、 仕掛け:連動シモリ仕掛け(自作)

7.当日のご感想: 奈良に用事があり、その帰りに少しだけ奈良県の田園地帯でタナゴ探し。
 その中で発見したとある水路にてボテが少しだけ釣れました。
 一応、この地域のボテは固有種らしいので安心しました。

大阪府/大阪市 淀川 城北ワンド

20180814_shonen sama.jpg

1.ハンドルネーム: 少年 様

2.釣行日時: 2018年8月14日

3.場所(県/釣り場名): 大阪府/大阪市 淀川 城北ワンド

4.写真1枚添付

5.使用エサ: グルテン1



6.使用タックル: 竿:万能竿6尺、 仕掛け:連動シモリ仕掛け(自作)

7.当日のご感想: 釣り上げた瞬間はシロヒレ成魚かと思いましたが、恐らくこの個体はヤリタナゴかと考えられます。このポイントではヤリの生息が確認されてないので驚きです。ヤリタナゴと考えられる理由は
 1.シロヒレに比べ、背鰭の軟条が太く、少ない
 2.ヒゲが長い
 3.体高がシロヒレに比べ細く、臀鰭が白くない
以上のことからこの個体はヤリかと考えられます。各都道府県でヤリは釣ってきたので間違いないと思います。
現在、淀川(下流域)ではヤリタナゴは絶滅したとされていますが、生き残り個体の可能性も考えられます。 しかし現実的に考えると釣り人が故意に放流した個体かと。

京都府/伏見港

20180812_shonen sama_1.jpg 20180812_shonen sama_2.jpg

1.ハンドルネーム: 少年 様

2.釣行日時: 2018年8月12日

3.場所(県/釣り場名): 京都府/伏見港

4.写真2枚添付

5.使用エサ: グルテン1 + 小麦粉(少量)



6.使用タックル: 竿:万能竿9尺、 仕掛け:カネヒラ用立ちウキ仕掛け

7.当日のご感想: カネヒラが飽きない程度に釣れました。流れが速く、カネヒラに口を使わせるのに苦戦しました。
 何故かこのポイントのカネヒラは大型が多いですね。

北海道/江別市 某湖

20180827_furusan sama_1.jpg 20180827_furusan sama_2.jpg 20180827_furusan sama_3.jpg

1.ハンドルネーム: フルさん 様

2.釣行日時: 2018.8.27  14:30~17:30

3.場所(県/釣り場名): 北海道/江別市 某湖

4.写真3枚添付

5.使用エサ: グルテン5、 タナゴグルテン (水と1:1)

  

6.使用タックル: 竿:小径継手120cm、 仕掛け:自作

7.当日のご感想: 濁りがきつく、いつもより渋めでしたが3cmくらいの1年魚らしきものも釣れました。