GO!GO!九ちゃんフィッシング

毎週土曜日 あさ8時30分~TOKYO MXにて放送中!!

らくちん!浦安でサヨリ釣り 後篇

釣り場

■高洲海浜公園の護岸

〒279-0023 千葉県浦安市高洲9丁目

浦安市にある海岸線に広がる海浜公園。テトラが敷き詰められた護岸では夏はシロギス・ハゼ釣り、秋はサヨリ釣りが楽しめます。

立ち入り禁止の区間などもありますので、注意するよう心がけましょう。

※安全のためライフジャケット(救命胴衣)を着用しましょう!

仕掛け

【サヨリ釣り仕掛け】

竿
磯竿1.5〜2号(5m程度)

リール
小型スピングリール

道糸
PEライン0.8号程度

力糸
PEライン1.5号程度10m

カゴ
サヨリ釣り専用カゴ

リーダー
フロロ3〜4号1.5m

ハリス
0.8号

ハリ
袖バリ4〜5号

エサ

ハイパワー・アミエビ

三段仕込みの濃縮アミエビエキスを配合したサビキ釣り用配合エサ。抜群の集魚効果でポイントに足止めさせる働きをします。絞り出しタイプなのでエサ入れ時に手が汚れにくく安心。解凍せずにそのまま使える常温製品なので、とても便利です。

グレにこれだ

オキアミから抽出した集魚エキスを濃縮。特にグレの好む成分をオキアミの10倍に高めました。お好みの配合エサにブレンドしたり、付けエサに振りかければ格段に集魚効果を高めます。

パワー・ミニイソメ

「パワーイソメソフト」と同じ素材を使用したミニタイプ。頭部は太くボリュームがあり、尻尾は細めで水を受けるとよく動く形状。小粒でも、魚の食い気を強く刺激します。そのまま1本で使うのはもちろん、小型の魚を狙うときは、くびれ部分から切ると吸い込みやすさがアップ。入門者から上級者まで使いやすいアイテムです。

「なんでもハンター」太田祐策のワンポイントアドバイス!

仕掛け紹介のフォローをするよ!

「なんでもハンター」太田祐策が教える、知ると知らないとでは釣果に差が出るサヨリ釣りのワンポイントアドバイス!
ぜひ釣り場で実践して、楽しいフィッシングライフを満喫しましょう。

さて、番組を見ていただいたら、おそらくみんなもサヨリ釣りやりたくなってるよね♪

番組での釣り方や、このサイトの仕掛け紹介のフォローをしておこうかな。

まず準備編として、竿とリールは書いてある通りでOK!
リールにはPEラインの0.8号がおススメなんだけど、0.6号でも大丈夫。もちろん1号でもいいけど、飛距離を考えると細めがいいね。そのラインにさらに1.5号のPEラインを10m結んで欲しいんだ。これは力糸と言って、思いっきり投げるときに太目のラインの方が投げやすくて、切れにくいから。竿が5m程度と長いから、この力糸も10mないと、結び目の場所が気持ち悪くなっちゃうのよ。結び方は電車結びでいいからね。太い方を4回回し、細い方を7回回して結びましょう〜。

お次はカゴ。
サヨリ専用のものが売っているから、それを2個買いましょう。思いっきり投げるので、たま〜に投げるのミスってブチッと切れちゃうから…。上手なら1個でOK!
ハンターが使っているのは工房浦安さんの「SS-II」シリーズ。ブッ飛び仕様です。で、そこからリーダーを1.5m程度(サヨリーダーを使用)とって、さらに袖針のハリス付きハリ4〜5号を結びます。

これで仕掛けは完璧なのです。

さらに重要なのがエサ。
紹介したサヨリ釣りには「ハイパワーアミエビ」または「サビキ君」がおススメ。ま、番組見てもらったからわかるよね。半日程度遊ぶなら「ハイパワーアミエビ」。一日遊びたいなら「サビキ君」。「グレにこれだ!」でパワーアップを忘れずにね。

手を汚さずサヨリを釣りたければ、ハリに付けるエサは「パワーミニイソメ」が最高♪

そして、メゴチバサミなど、魚をつかむトング的なものを持っていけば、ホントに汚れずに、美しいサヨリをゲットできるのだ!素晴らしい!!

ページのトップへ戻る