GO!GO!九ちゃんフィッシング

毎週土曜日 あさ8時30分~TOKYO MXにて放送中!!

カワハギ乗合船2019 後篇

釣り場

■金沢八景 弁天屋

〒236-0027神奈川県横浜市金沢区瀬戸2-22
TEL(045)701-9061 FAX(045)701-1514

神奈川県・横浜、金沢八景『弁天屋』は、東京湾で四季折々の旬の魚を釣らせてくれる八景でも屈指の老舗船宿です。
※20時30分以降の電話でのお問い合わせはご遠慮下さい

シーサイドライン・京浜急行 「金沢八景駅」より 徒歩3分
横浜横須賀道路 「朝比奈IC」より 約3km 「堀口」出口より 約3km
首都高速湾岸線 「幸浦」出口より 約4km

釣り物や料金などの詳細はHPをご確認ください。
http://www.bentenya.com/

※安全のため、ライフジャケット(救命胴衣)を着用しましょう!

仕掛け

【乗合船カワハギ釣り仕掛け】

竿
1.8程度のカワハギ専用竿

リール
小型両軸リール

道 糸
PE0.8〜1号

仕掛け
市販の船カワハギ釣り仕掛け 3本針
※ハリが交換できるタイプがおススメ

ハリ
4号程度
※替えバリを多めに用意するといいでしょう

オモリ
25号
※船宿によって変わるので、予約時に確認しましょう
※竿リールをレンタルできる船宿もありますので、希望する場合は予約時に確認しましょう

エサ

カワハギゲッチュ

手むきした小粒の生アサリ。水管、ベロ、ワタが整ったものを、独自製法でしっかり塩締めました。ハリ付けがしやすく、手返しが大幅にアップ。エサ持ちもよく、本アタリに持ち込めます。冷凍加工で鮮度をキープ。溶けると、むきたてのような身質です。

ヌルとり5

カワハギ釣りで使用するアサリのむき身に付いたヌルを取るための専用液。使い方は簡単。生または解凍したアサリを適度な大きさの容器に入れたら、アサリが浸るくらい「ヌルとり5」を注ぎます。そして約5秒間、軽くかき混ぜたら液を捨て、海水で軽く洗ってから水分を切ればできあがり。ヌルが手にベタつくのを抑えるためハリ付けが抜群にしやすく、手返しが大幅にアップ。カワハギ釣りの時合を逃しません。釣り込むために欠かせない一本です。

バクバクソルト

アサリを締めるための調整材。塩分で身が締まってハリ付けがしやすく、手返しが大幅にアップします。魚が好むアミノ酸と、フェロモン系特殊誘引剤『ウルトラバイト・アルファ』のW効果で、カワハギの食性を強く刺激。食い込みも格段に高まります。

ウマミパワー

さまざまなくわせエサに使用できる粉末の添加材。イソメ、エビ、カキと3種類のウマミフレーバーによって、魚の食いが格段に高まります。オキアミ、エビ、アサリなど貝類、練りエサ、魚の切り身、さなぎなど、幅広く対応。使用するくわせエサにかけ、絡めるように混ぜ合わせればOK。単品はもちろん、イソメ&エビ、カキ&エビといった具合に2種類以上のミックスも効果的です。分包5袋入りなので、必要な分だけ使えて便利。お手持ちのくわせエサを手軽にバージョンアップできるアイテムです。

「なんでもハンター」太田祐策のワンポイントアドバイス!

状況に応じてハリのセッティングもかえてみよう!

「なんでもハンター」太田祐策が教える、知ると知らないとでは釣果に差が出る乗合船カワハギ釣りのワンポイントアドバイス!
ぜひ釣り場で実践して、楽しいフィッシングライフを満喫しましょう。

ま、何気なく、いつも通りに釣っていたんだけどね〜。
まさか竿頭になるとは思ってもいなかったッス♪
でも一応、自分なりに、ハルにも協力?してもらいながら、状況に合わせていった感じかな。ちょっとその流れをお話ししてみようかな?

朝イチの状況としては、実は魚が多かったんだよね。アタリがよく分からないけどエサは丸坊主にされちゃう感じ。おそらく、小さいカワハギが多かったのかな。
そのときのハリのセッティングがこんな感じ。

ハル:3本とも掛けバリ
ハンター:食わせバリ→掛けバリ→食わせバリ(いつもこれでスタートするんです)

スタートしてしばらくすると、ハルが1匹、また1匹と釣ったのよ。でも自分はいまひとつ。なので、自分も掛けバリ3本に変更♪そしたらハリ掛かりするようになったんだ。ハルは知らないうちにナビゲートしてくれてたってことだね。
活性が高ければ、ハリの形状でここまで差が出ることないんだけど、シビアだと出てくるみたい、違いが。自分も上手じゃないので確かなことは言えないんだけど、今回の状況では明らかに掛けバリが良かった。こんなこともあるんだね。

さらに時間が過ぎると、カワハギからの反応が徐々に悪くなっていったの。
朝と同じように釣っていると、たまに出るアタリをアワセても空振っちゃう。

ハルと「そんな状況だよね〜」なんて話しながら、じゃ、釣り方変えなきゃなということで、小さなアタリは見逃して、明確なアタリを待つ方向にしたの。
それが正解だったみたいで、飽きない程度にポツポツ。良いポイントに入ると、連チャンで釣れたりして、徐々に数を伸ばしたのよ。

爆釣はしなかったものの、堅実に釣っていったのがよかったのかな?
ま、腕は大したことないので、エサに自身を持てたのも大きかったかも。
前編のアドバイスでも書いたけど、エサに自信が持てるって、とっても重要だよね♪

ページのトップへ戻る