へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波流源湖 > 釣果情報

2018.10.07

間庭 隆モニター 筑波流源湖にて

48.1kg(約70枚) フィールドクラブ例会 第3位

釣行場所 筑波流源湖   オンドマリ桟橋中央事務所向き
釣行日時 2018年10月07日(日)   6:10〜15:00
天候 晴れ(風やや強い)
混雑度 オンドマリ桟橋付近 空き
釣行理由 フィールドクラブ例会
釣果 48.1kg(約70枚)
成績 第3位
釣り方 12尺宙釣り(タナ1.1m)両ダンゴ
仕掛け 竿12尺 道糸1.2号(へら名人イエロー) ハリス上下0.6号(上35cm、下45cm へら名人詳) ハリ上下7号(ヤラズ) ウキ田村作「優陽」(ボディ5cm極細パイプトップ足長)

エサ

「浅ダナ一本」200cc+「BBフラッシュ」200cc+「軽麸」200cc+「ペレ軽」500cc+「粘力」(スプーン)1/2杯(全体によく混ぜ合わせる)+水200cc

10回ほど全体をサラッと混ぜ合わせる。少し時間を置いて、水分を行き渡らせてから20回ほどかき混ぜる。この状態で打ち始めるが、ナジミが悪かったら10回ほどかき混ぜ、回数を増やして対応していく。大型に対応するため、「ペレ道」を入れたエサを使用していたが、中型に対応するにはライトペレ宙が好結果に結びついた。

釣り方の注意点 当日は台風25号の影響により、ポイントを選ぶのに風の向きを気にした。時間の経過と共に北西の風に変わるとおもい、オンドマリ桟橋にした。南西の風が北西に変わって、やや背中からの風に変わってきたのは12時を過ぎたあたりだが、風が止む気配がない。魚はやる気で、エサの打ち始めから強い風の中でも、アタリは頻繁にある。前回、大型ばかり(12kgで12枚)とペレ宙で楽しませていただきましたので、今回も状態は同じように続いているとおもい、ペレ宙用のデブトップでしっかりとナジませての釣りで大型を狙ったが、釣れてくるのは中型ばかり(12kgで16枚)でカラツンも多い。中型の魚と前からの風に対応すべく、竿を15尺から12尺に。ウキも早いアタリが取れる浅ダナ専用極細パイプ付きのウキに。ハリス長も上25cm-下35cmを上35cm-下45cmとして、積極的にアタリが取れるように対策をするとペースが上昇した。
釣り場情報