へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波流源湖 > 釣果情報

2018.10.28

綿貫 正義フィールドテスター 筑波流源湖にて

36.4kg(53枚) KEIZO CLUB例会 第2位(参加41名)

釣行場所 筑波流源湖   北桟橋北向き
釣行日時 2018年10月28日(日)   6:00〜15:30
天候 晴れ
混雑度 約80%(約370人)
釣行理由 KEIZO CLUB例会
釣果 36.4kg(53枚)
成績 第2位(参加41名)
釣り方 10尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿10尺 道糸0.8号(ナポレオン) ハリス上0.6号、下0.4号(上7cm、下35cm ナポレオン) ハリ上7号(極ヤラズ)、下4号(喰わせヒネリ) ウキ弥介「WG Bカスタム」No.5(ボディ6cm細パイプトップ足長)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「とろスイミー」50cc+「サナギパワー」100cc+水300cc(5分放置後)+「セット専用バラケ」200cc+「GTS」200cc+「セットアップ」200cc
[くわせ]「感嘆
(「軽さなぎ」20cc+「粘力」スプーン2杯入り)」10cc+コーラ10cc

[バラケ]小分けしたバラケを手水と「セット専用バラケ」、「粒戦」、「GTS」のいずれかで調整。

釣り方の注意点 朝イチは魚に揉まれたら、ナジミが出ないぐらいの軟らかめのバラケにし、くわせの倒れ込みアタリを取っていくと良い感じで釣れた。1時間ぐらいで、1フラシ終了。しかし、その後はだんだん難しくなり、アタってもカラツンになってしまうことが多くなった。また、日中になると気温が上がり、魚も上がってタナに薄い感じになった。それからはワンパターンではアタリを出せないので、ナジミを入れたり入れなかったりと、とにかくアタリで終わるようにしてポツポツ拾っていった。
釣り場情報 第1位は浜野辺桟橋、13尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセットで39.6kg(58枚)。第3位は31.9kgでした。