へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 将監 > 釣果情報

2019.01.12

稲村 順一フィールドテスター 将監にて

13.6kg(25枚 8寸〜尺2寸、3枚kg級の新べらが3割ほど混じる) トレンディクラブ1月例会 第3位

釣行場所 将監   小池北桟橋(西奥から8席目)
釣行日時 2019年01月12日(土)   7:00〜14:00
天候 曇り時々雨(最低気温-1℃/最高気温8度)※北寄りの微風
混雑度 約50名(周囲は1〜2席置きに入釣)
釣行理由 トレンディクラブ1月例会
釣果 13.6kg(25枚 8寸〜尺2寸、3枚kg級の新べらが3割ほど混じる)
成績 第3位
釣り方 18尺段差の底釣り(沖段底で水深は約2.3m)
仕掛け 竿18尺 道糸0.7号(PET) ハリス上0.5号、下0.3号(上15cm、下50→60cm 極弦) ハリ上7号(SasoriHARD)、下2号(SasoriHARD) ウキクルージャン「ウィンターバージョン’16-’17段底用WDT」No.2(ボディ9.0cm/オモリ負荷量≒1.1g)※エサ落ち目盛りはくわせを付けた状態で11目盛り中6目盛り出し

エサ

[バラケ]「粒戦」50cc+「粒戦細粒」50cc+「とろスイミー」50cc+水200cc(吸水のため、10分放置)+「段底」200cc+「サナギパワー」100cc+「パウダーベイトスーパーセット」100cc
[くわせ]「感嘆」10cc+水12cc、「力玉
(「さなぎ粉」漬け)

[バラケ]別ボウルに半分取り分け、状況に応じて手水を加えながら、タッチを調整。好感触だったのは、まとまり感のあるしっとり軟ネバタッチの小エサ。

釣り方の注意点 近況としては宙・底共にウキは動くが、決め手に欠けるといった釣況で、アタリ数としては中尺竿でのタナ1mのセット釣りが勝り、ヒット率では段底有利とのことから後者を選択。同釣り場では、竿なりで底が取れる8〜9尺での段底を楽しまれる常連が多いが、経験上沖目の方が新べらの回遊が期待できるので、18尺での沖段底でスタート。開始数投でウキに気配が現われたが、その動きからへら鮒がやや底を離れている感じがしたこので、バラケエサの早抜きは避け、小エサでトップ先端まで深くナジませてから抜くことを徹底した。するとバラケエサが抜けて直ぐにアタリが出るようになったが、その半数近くがスレや空振りとなったため、一旦早いアタリは見送り、エサ落ち目盛りが出てからのアタリに狙いを絞ったところ、リズムはスローダウンしたがヒット率は向上した。当日の釣況からすれば、時間当たり4〜5枚釣れれば良い方だったので、その後はできるだけ攻め過ぎないように丁寧に釣りを組み立て、完全にウキから気配が消えたときのみ、大きめのボソバラケを振り切って打ち込み、それ以外は何らかの気配を感じたときは、できるだけ待つことを心掛けた。また、くわせエサも数種類ローテーションして確認してみたが、サイズ的に大きなものはほぼNGで、最終的には「感嘆」を小さくエサ付けしたものをメインに、気配が有ってもアタリが出ないときに「力玉(さなぎ粉漬け)」に替えるとアタリが出ることが度々あった。
釣り場情報 新年総会のため早上がりであったことから、通常の釣果よりも劣る結果となったが、全体的にはウキは動いた方で、特に小池西奥寄りの13尺前後の浅ダナウドンセットは、終日コンスタントに釣れていた。また、段底も好感触で、中央渡り桟橋でフラットな底を狙った会員はムラなく釣れていた。なお例会成績は第1位が中央渡り桟橋南端、9尺穂先やや余しの段差の底釣りで14.4kg。第2位は小池北桟橋西奥寄り、13→15尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセットで13.8kg。