へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 椎の木湖 > 釣果情報

2019.03.31

間庭 隆フィールドスタッフ 椎の木湖にて

40.01kg(43枚) GFG上信越地区へら部春季例会 第1位(例会終了時、池で第4位)

釣行場所 椎の木湖   2号桟橋333番
釣行日時 2019年03月31日(日)   6:21〜15:00
天候 曇りのち晴れ
混雑度 168人
釣行理由 GFG上信越地区へら部春季例会
釣果 40.01kg(43枚)
成績 第1位(例会終了時、池で第4位)
釣り方 10尺チョーチンバラケに「力玉」のセット
仕掛け 竿10尺 道糸1号(へら名人イエロー) ハリス上0.8号、下0.4号(上10cm、下32cmへら名人詳) ハリ上10号(関スレ)、下3号(プロスト) ウキ田村作「優陽」(ボディ6.5cmグラスムクトップ足長)

エサ

[バラケ]「粒戦」300cc+「粘麩」50cc+「セットガン」100cc+「粒戦細粒」50cc(粉のうちによく混ぜる)+水300cc(少し放置後)+「サナギパワー」200cc
[くわせ]「力玉
(「さなぎ粉」漬け)

[バラケ]下から掘り起こすように丁寧に混ぜ合わせる。少々硬めにできるので、手水で戻しながら作る。

釣り方の注意点 釣り始めから10時近くまで寒く、食い渋ると予想して、くわせエサをノーマルの「感嘆」とやや重めのコーラで溶いた「感嘆」を用意。ハリは軽めでハリス長は45cmから入る。またバラケエサも通常の「粒戦」1杯から始めるも、思ったより魚の活性が高く、カラツンのオンパレードになってしまった。はじめのくわせエサは「感嘆」でハリの重さとハリス長でカバーしていくが、魚がウワズリ気味なので、「粒戦」を水に浸し追い足して対応。ハリの重みとくわせエサの重みを考えて「力玉」に変更する。「粒戦」を追い足してよくなったので、それからは「粒戦」の多いバラケエサを作り最後まで釣った。
釣り場情報