へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2019.04.07

田中 雅司フィールドスタッフ 野田幸手園にて

35kg(37枚) ホワイトエンジェルス4月例会(ゲスト参加) 第1位

釣行場所 野田幸手園   アカシヤ桟橋奥工場向き
釣行日時 2019年04月07日(日)   6:30〜15:00
天候 晴れのち曇り
混雑度 60%(180人)
釣行理由 ホワイトエンジェルス4月例会(ゲスト参加)
釣果 35kg(37枚)
成績 第1位
釣り方 19尺宙釣り両ダンゴ
仕掛け 竿19尺 道糸1号(へら名人イエロー) ハリス上下0.5号(上35cm、下50cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅P」8番(太パイプトップノーマルタイプ)

エサ

「ペレ軽」320cc+「浅ダナ一本」320cc+水200cc+「軽麸」160cc+「BBフラッシュ」160cc

釣り方の注意点 前日と同じ場所、同じ釣り方で状況とエサの方向性も熟知していたので、エサ打ちから安心してスタートできた。周りの会員も21尺バラケにグルテン、19尺ペレ宙、19尺両グルテンなど長竿で行っている。私は、昨日が4ボウルからアタリ出したので、10時近くまでアタリなしと思っていた。しかし、意外なことに1ボウル後半にアタリ始め、10時までに900gから1.2kgクラスの新べらが20枚釣れた。周りでもペレ宙がよいようだ。セットやグルテンの釣りは難しく、ジャミの動きに翻弄されていた。離れた桟橋の状況はわからないが、端よりのカケアガリの底釣りグルテンは大型が釣れていた。当日のエサの方向性は、ヤワネバが悪くジャミに動かされても落ちない程度のカタボソで、ハリの芯に残るエサの調整が必要となった。ちなみに、上記のエサで仕上げてから再度「ペレ軽」を50ccぐらい全体にからめ(練らないこと)、使う分だけエサ付け前にコスリ練りをして大きめ(15ミリぐらい)に付けるとよかった。この釣りの場合、ウキのトップが太いこと(私の場合リコーハイテク太使用)やエサ打ちを始めたら大きいエサのまま打ち切ることがよく、魚が寄っても小さく付けずに打ち切ることが良い結果につながるようだ。
釣り場情報