へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波流源湖 > 釣果情報

2019.10.16

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波流源湖にて

24kg(21尺チョーチン両ダンゴで25枚、18尺浅ダナペレで6枚、計31枚) 水海道へら会(ゲスト参加) 第10位

釣行場所 筑波流源湖   新桟橋中央北桟橋向き
釣行日時 2019年10月16日(水)   6:00〜15:00
天候 晴れ
混雑度 40%(140人)
釣行理由 水海道へら会(ゲスト参加)
釣果 24kg(21尺チョーチン両ダンゴで25枚、18尺浅ダナペレで6枚、計31枚)
成績 第10位
釣り方 21尺チョーチン両ダンゴ→18尺ペレ宙
仕掛け [チョーチン]竿21尺 道糸1.2号(セラミックへら名人) ハリス上下0.5号(上55cm、下75cm へら名人) ハリ上下7号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅TD」15番(グラスムクロングトップタイプ)
[ペレ宙]竿18尺 道糸1号(へら名人イエロー) ハリス上下0.5号(上35cm、下50cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅P」8番(パイプトップノーマルタイプ)

エサ

[チョーチン]
「バラケマッハ」400cc+「軽麸」400cc+「カルネバ」200cc+水250cc+「凄麩」200cc

[ペレ宙]
「ペレ軽」320cc+「浅ダナ一本」320cc+水200cc+「軽麸」160cc+「BBフラッシュ」160cc

釣り方の注意点 知り合いの例会にS氏とゲスト参加した。指定桟橋は、新桟橋で先日遊びに来たときの長竿チョーチン両ダンゴができる桟橋である。中央部に入り北桟橋向きで21尺チョーチン両ダンゴから入った。浅ダナの方が良い状況であれば、ペレ宙かノーマルの両ダンゴをおこなおうと考えていた。長短はあるが会員のほとんどの人がチョーチン両ダンゴで、隣のS氏と他1名が浅ダナセットであり、どの釣り方が釣れるか楽しみである。予想通り長竿チョーチンがアタリ出しは早く、800gクラスが釣れ出した。10時半ぐらいまでで25枚を釣り上げ十分楽しんだので、同じぐらい釣ったS氏とペレ宙をはじめることに。多少早くエサ打ちしていたS氏が数投でアタリ出したのでびっくり。裏面では実績があるが、この面でのペレ宙は全く実績がないので不安だったが、鋭い食いアタリがあったので一安心。しかし、数枚釣ったあと、2人ともカラツンでまったく釣れなくなった。たまにヒットすると600gの活動ベラでがっかり。もとに戻すことはせずそのまま続行して、残り3時間で6〜7枚と2人ともがっかりして終了した。
釣り場情報