へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 将監 > 釣果情報

2019.11.17

稲村 順一フィールドテスター 将監にて

25.1kg(正味60枚、25〜30cmで27cm級主体) 日研川口真菰支部11月例会 第1位

釣行場所 将監   中桟橋東向き手前から8席目
釣行日時 2019年11月17日(日)   6:30〜14:30
天候 晴れ時々曇り(最低気温7℃最高気温18℃、西または北寄りの微風)
混雑度 50%
釣行理由 日研川口真菰支部11月例会
釣果 25.1kg(正味60枚、25〜30cmで27cm級主体)
成績 第1位
釣り方 8.2尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿8.2尺 道糸0.7号(極弦) ハリス上0.5号、下0.35号(上8cm、下23〜40cm 極弦) ハリ上8号(Sasori HARD)、下3号(Sasori HARD) ウキクルージャン「STRIDE IV漆黒ASA」No.6(ボディ6cmオモリ負荷量≒0.8g)※エサ落ち目盛り=くわせエサを付けて7目盛り中3目盛り出し ※スタート時はNo.5(ボディ5.5/オモリ負荷量≒0.7g)であったが、動きに節度がなく不安定で、カラツンも多かったことからサイズアップ。これで釣況が安定した。

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「とろスイミー」50cc+水200cc(吸水のため10分程度放置)+「セットアップ」100cc+「セット専用バラケ」100cc+「バラケマッハ」100cc+「BBフラッシュ」100cc
[くわせ]「感嘆
(「さなぎ粉」入り)」10cc+水10cc

[バラケ]別ボウルに1/3程度取り分けてタッチを調整。

釣り方の注意点 新ベラも放流されており、どのような釣り方でもウキの動きは活発だと試釣した会員から聞いていたが、当日は朝方の冷え込みが強かったため、浅ダナ狙いのセット釣りでスタート。開始間もなくアタリが出はじめたものの、理想的といえるアタリがことごとくカラツンとなり、毎投のようにアタリは出るが一向にカウントが進まず、とりあえず30cmでスタートした下ハリスを23〜25cmの間で調整。するとヒット率はやや高まったが3〜4枚釣るとアタリが途切れるようになったことから、狙いのタナには思ったほどへら鮒は寄っていないと判断。その後は落下途中でのバラケエサの開きを抑えながらウキを深ナジミさせて、タナで一気に抜いた直後にサワリ(アオリ)が出ないときには即切りし、まとめて釣り込むのではなく、寄せながらカラツン覚悟で丁寧に釣ることを心掛けた。アプローチとしては、前半が手水と撹拌を多めに加えた軟ネバタッチをタナで一気抜きするのが良く、反応が鈍くなった後半はハリスを伸ばし、さらに基エサに近いボソタッチをタナでゆっくりバラけさせると、最後までなんとかアタリをつなぎ止めることができた。
釣り場情報 冷え込みと混雑の影響により当日は食い渋ったが、それでも空いていたポイントでは頻繁に竿が立っており、へら鮒の食いは比較的良好であることが伺えた。また池のクセなのか宙釣りは沖に出た桟橋の方が、また底釣りは岸からの桟橋の方が好調に釣れているようである。例会成績は第2位が同桟橋入口西向き13→10尺底釣り両ダンゴで13.4kg。第3位は私の左隣、8尺底釣り両ダンゴで9.4kg。