へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 甚兵衛沼 > 釣果情報

2019.12.01

稲村 順一フィールドテスター 甚兵衛沼にて

18.8kg(正味47枚、24〜30cmで27cm級主体) 日研川口真菰支部12月例会 第1位

釣行場所 甚兵衛沼   舟釣り 東エリア
釣行日時 2019年12月01日(日)   6:30〜14:30
天候 曇り時々晴れ(最低気温3℃最高気温13℃、北のち南寄りの微風)
混雑度 舟釣り10パイ、陸釣り15人
釣行理由 日研川口真菰支部12月例会
釣果 18.8kg(正味47枚、24〜30cmで27cm級主体)
成績 第1位
釣り方 12.1尺底釣り(水深1.2m)バラケにグルテンのセット
仕掛け 竿12.1尺(寿仙) 道糸0.7号(PET) ハリス上下0.35号(上33cm、下40cm 極弦) ハリ上5号(Sasori HARD)、下4号(Sasori HARD) ウキCRUCIAN「STRIDE IV漆黒TKO」No.2(ボディ10cmオモリ負荷量≒1.5g)※エサ落ち目盛り=両バリ共に底につけて7目盛り中5目盛り出し

エサ

[バラケ]「ダンゴの底釣り夏」50cc+「ダンゴの底釣り冬」50cc+「ペレ底」50cc+水100cc
[くわせ]「グルテン四季」50cc+「グルテンα21」30cc+水100cc

[バラケ]アタリがないときや続かないときは直径10个曚匹坊擇丸める程度のエサ付けとし、断続的にでもアタリが続いているときは手揉みを加えたものを直径8个曚匹函△劼伐鵑蠑さく付ける。 [くわせ]水を加えたらしっかりかき混ぜ、グルテン繊維が浮いたり偏ったりしないようにするのがポイント。固まったら軽くほぐし、乾燥を防ぐためにカバーを掛けて小出しにしながら使用する。セットで使うときはしっかり手揉みを加えて直径8个曚匹縫┘吃佞韻掘⇔哨哀襯謄鵑箸靴道箸Δ箸は両バリ共にバラケやすい直径10个曚匹離薀嬋佞韻砲垢襪販匹ご兇犬把爐貘海い拭

釣り方の注意点 10日ほど前に新べらが放流されており、これがどこに居着いているのかを探り当てることが釣果を大きく左右すると考え、出舟前に沼を見渡すがモジリはまったく見られない。とりあえず全員の出舟を見送ってから空いている船着き場左手の深場(水深約1.5m)で始めたが、1時間半ほどエサ打ちを繰り返してもノーアタリ。この時点で釣れている会員は3〜4名おり、いずれも沼の中央部。そこでポツポツ釣れている会員の邪魔にならないよう更に奥まで舟を進め、平場とオダ場の中間あたりの崩れオダの際を狙ってリスタートすると、開始10投ほどで尺級の地べらがヒットし、その後1時間で同型を3枚追釣。このペースで釣れ続ければ十分と思っていると急にウキの動きが激しくなり、それから約1時間は新べらのラッシュ。ところが一気に20枚ほどをまとめて釣り込むと群れが去ってしまったようで、以降は連続して釣れることはなくなってしまったが、初冬らしい落ち着いたウキの動きのなか、新べらに混じって時折ハリ掛かりする尺級地べらの強い引きを楽しむことができた。
釣り場情報 陸釣りメインの釣り場だが、これからの季節は点在する竹オダに絡む地べらと回遊してくる新べらを、ポイント移動が楽な昔ながらの和舟で狙うのがオススメ。平均水深が1.2mほどなので底釣りで狙うのがセオリー。冬はターゲット外の魚種の動きが気にならないので、アタリが出にくいときはバラケエサを用いたセット釣り。比較的アタリが出るときは両グルテンでじっくりアタリを待つと良い。例会成績、第2位は13尺底釣りバラケにグルテンのセットで9.5kg。第3位も15尺底釣りバラケにグルテンのセットで9.3kg。