へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 甲南へらの池 > 釣果情報

2020.01.26

土屋 ナオトフィールドスタッフ 甲南へらの池にて

16.3kg(39枚) 高山へら研例会(ゲスト参加) 第1位(参加16名)

釣行場所 甲南へらの池   3号桟橋手前事務所向き
釣行日時 2020年01月26日(日)   7:00〜16:00
天候 曇り
混雑度 60%
釣行理由 高山へら研例会(ゲスト参加)
釣果 16.3kg(39枚)
成績 第1位(参加16名)
釣り方 9尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿9尺(千早) 道糸0.6号(奏) ハリス上0.4号、下0.3号(上8cm、下65cm 奏) ハリ上7号(リフト)、下2号(クワセマスター) ウキ忠相「ネクストビート」Mサイズ(ボディ5.5cm)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「とろスイミー」50cc+「セットガン」100cc+水200cc(数分放置後)+「パウダーベイトスーパーセット」100cc+「セット専用バラケ」100cc(全体に40回ほど混ぜる)+「BBフラッシュ」50cc(さらに20回ほど均一に混ぜる)
[くわせ]「感嘆」10cc+水10cc

[バラケ]粒系が入っているエサのため、下から掘り起こすように均一に混ぜ、4分の1ほどに小分けして使用。

釣り方の注意点 活性の高い朝イチなどはタナより少し上で抜くイメージで圧調整し、2回ほどサソイを掛けた後の早めのアタリがヒットパターンだった。昼前、食い渋ってからはタナに入れてすぐに抜けるような圧調整をしたところ、遅めのタイミングでのアタリがヒットパターンとなった。
釣り場情報 竿いっぱいの段差の底釣り(11〜12尺)、7〜9尺のチョーチン固形セットが安定して釣れていた。当日は、チョーチンセットが型はよかったように思う。