へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2020.03.22

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波湖にて

30kg(チョーチンセットで18枚、浅ダナセットで20枚、計38枚) 20クラブ3月例会(ゲスト参加) 第2位

釣行場所 筑波湖   3号桟橋奥
釣行日時 2020年03月22日(日)   6:30〜15:00
天候 晴れ
混雑度 50%(130人)
釣行理由 20クラブ3月例会(ゲスト参加)
釣果 30kg(チョーチンセットで18枚、浅ダナセットで20枚、計38枚)
成績 第2位
釣り方 13尺チョーチンバラケに「力玉大粒」のセット→12尺浅ダナバラケに「力玉大粒」のセット
仕掛け [チョーチン]竿13尺 道糸0.8号(へら名人ブラウン) ハリス上0.4号、下0.3号(上5cm、下50cm へら名人) ハリ上4号(鬼掛ストロングストレート)、下2号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅NS」8番(ムクトップノーマルタイプ)
[浅ダナ]竿12尺 道糸0.8号(へら名人イエロー) ハリス上0.4号、下0.3号(上8cm、下50cm へら名人) ハリ上5号(鬼掛ストロングストレート)、下2号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅AS」5番(パイプトップノーマルタイプ)

エサ

[チョーチン]
[バラケ]「粒戦」100cc+「セット専用バラケ」160cc+水200cc+「GTS」160cc+「セットアップ」160cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)

[浅ダナ]
[バラケ]「粒戦」50cc+「セット専用バラケ」160cc+「バラケマッハ」200cc+水200cc+「GTS」160cc+「セットアップ」160cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)

釣り方の注意点 知り合いの20クラブ3月例会が筑波湖にておこなわれたので、数名の仲間とゲスト参加した。指定桟橋が1〜4号桟橋であるが、以前からI会長より並びたいとの話があったので、全員で3号桟橋奥に入ることにした。奥3席目からK氏短竿の浅ダナセット、I会長9尺チョーチンセット、私が13尺チョーチンセット、N氏16尺ペレ宙、E氏11尺チョーチンセット、N氏とH氏が21尺の両グルテンでスタート。エサ打ち開始1投目からアタり、ブルーギルがヒット。3投目に900gクラスの旧べらが釣れて一安心。その後1ボウル終わるまでに7枚釣り、徐々に例のごとく新べら600gクラスが釣れ出した。カラツンも多いがポツポツ釣れ9時前には15枚釣れたため、大型狙いで15尺に変えてみると食いアタリが13尺より少なく、なんとか3枚釣ったがスレが非常に多い。次に何をおこなうか迷っているとペレ宙が新べらをポツポツ釣っていたので、前回良かった12尺浅ダナセットを試してみることにした。エサ打ち数投でアタリ出し、大型混じりでよく釣れる。食いアタリの出し方もいったんウキをナジませてバラケエサが徐々に抜けるようにするとアタリをもらえた。何とか終了までに20枚釣り、合計30kg(38枚)釣れた。浅ダナも普段、練習していたので大変よかった。また、季節ごとにいろいろな釣り方があるので、プライベートのときに練習して、一日の釣りを楽しみたいと思った。
釣り場情報