へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 中の島センター > 釣果情報

2012.02.19

稲村 順一フィールドテスター 中の島センターにて

5.5kg(10枚) 伊田釣具店竹竿懇親会 第5位

釣行場所 中の島センター   奥池東岸中央
釣行日時 2012年02月19日(日)   8:00〜13:00
天候 晴れ(最低気温-4度、最高気温8度、北西風)
混雑度 釣り場全体で90%(周囲は満席)
釣行理由 伊田釣具店竹竿懇親会
釣果 5.5kg(10枚)
成績 第5位
釣り方 12.2尺宙釣り(タナ1.1m)バラケにウドンのセット
仕掛け 竿12.2尺(至連 極天勢) 道糸0.6号(極弦) ハリス上0.4号、下0.3号(上7cm、下50cm 極弦) ハリ上7号、下3号(サソリハード) ウキクルージャン スタンダードタイプASA No.5.0(オモリ負荷量≒0.6g)

エサ

[バラケ] 「粒戦」100cc+「とろスイミー」50cc+水200cc(吸水のため10分放置後)+「セット専用バラケ」400cc+「GTS」200cc+「パウダーベイトスーパーセット」200cc
[くわせ] 「魚信」1分包+水70cc

[バラケ] 別ボウルに1/3程度取り分けてタッチを調整(ヤワボソタッチ主体)。

釣り方の注意点 事前情報では長竿の底釣り(両グルテン)もしくは浅ダナウドンセットが有効とのことであり、釣り座が風を正面から受けるポイントであったが、操竿可能な限度の長さの浅ダナウドンセット釣りを選択。極度の冷え込みと大混雑のため、アタリ出しは遅く簡単には釣れなかったが、あまめのバラケをテンポ良く打ち込んでサワリを出したところでしっかり持つエサ付けで深ナジミさせるとポツポツ釣れ始まった。しかし、時折でるアタリがカラツンになったり、乗りそうにない小さなアタリで終わってしまったりとペースに乗れず、終始バラケのタッチとハリスの長さのアジャスティングに追われた一日であった。
釣り場情報 表層にはガサべらが寄るが、全体的に旧べらがエサを追っていないので、新べらが居着いている沖目と四隅をピンポイントで狙わないと厳しい状況である。空いていればどの釣り方でもソコソコ釣れるが、混雑したときは規定最長の15尺両グルテンの沖底釣りと、規定最短8尺でのヘチ寄りの段底が手堅いところ。ただし、食いは渋いのでバラケ過ぎるエサは禁物。持ちの良いエサでじっくり攻めるのが堅釣のコツ。例会第1位は10.0kg、8尺段差の底釣り。第2位は7.3kg、15尺両グルテンの底釣り。第3位は6.5kg、14尺ウドンセットの浅宙釣り。