2015.06.11 長野 明正
羽生吉沼にて「Sピンク」(段差の角麩セット)で30kg(40枚)
■釣行場所 羽生吉沼
■釣行日時 2015年06月11日(木)
■天候 曇りのち晴れ
■釣行理由 プライベート
■釣果 30kg(40枚)
■成績
■釣り方 段差の角麩セット
■仕掛け

竿/15尺
道糸/1.0号(奏)
ハリス/上0.6号(トルネード禅)、下0.4号(上15cm、下75cm)
ハリ/上8号(角マルチ)、下2号(コム)
ウキ/kyoujn深宙PCボディ13.5cm

 

「Sピンク」 1000cc + 水200cc
くわせ「一発(ハード極小)」

 
たまたま平日休みで行ってみたら、割引デーだったようで結構な人数...。 でもこの時期なら全然平気でしょと思いきや、かなり難しかったように思える。
最初Sグリーンで両ダンゴをしていたが、10時位になりいきなり失速...。 こうゆう時にはと、Sピンクでの角麩セット開始!
最初の二枚は理想通りのアタリたったが、その後から怒カラツンで、バラケのサイ ズ、タッチを合わせると案の定上に魚がかかる。
ただ、目標は角麩を喰わせることなので、上記配合に戻す。 ちなみに、二時間で二枚と完全に釣りが壊れたが、その後はいいペースに!
深く入れようとするとアタリが完全に消え、甘いバラけだと成立しない...。
これが完全に迷った原因だったが、両ダンゴ感覚でウケて刻ませながら馴染ませ、 ガツンと入るのがよかったと思う。
カラツンもかなりくらったが、いい魚が入るといきなり釣れ出す印象だった。今後 もこの釣りを課題にしていきます。
 

 l  S DESIGNとは  l  商品情報  l  サイトのご利用について  l  プライバシーポリシー  l  お問い合わせ  l
  Copyright (C) 2011 Marukyu Co.,LTD All Rights Reserved.  
掲載記事の無断転載を禁じます。