2017.07.07 長野 明正
椎の木湖にて「Sイエロー」(メーター両ダンゴ)で45枚
■釣行場所 椎の木湖
■釣行日時 2017年07月07日(金)
■天候 晴れ
■釣行理由 プライベート
■釣果 45枚(5時間)
■成績
■釣り方 メーター両ダンゴ
■仕掛け

竿/8尺
道糸/1号
ハリス/上下0.6号(上30cm、下40cm)
ハリ/上下6号
ウキ/kyoujin ターボ(ボディ5.5cmパイプトップ)

 

「Sイエロー」 400cc + 水100cc + 「Sイエロー」 30cc

 
久々の椎の木釣行。自分の中の椎の木のメーター両ダンゴは、粉に水を入れたらできるだけ混ぜないで、粗い麩を潰さずサラッと仕上げ、初めから食いごろのタッチで最初のアタリを追っかけるイメージ。しかし平日で魚が多かったのと、最近の傾向なのかペースアップしないままアタリがボケていったため、エサの作り方を変更した。
後足しの粉は最初50cc挿したが、締まりすぎると感じ、肝心の開きが抑えられテンポアップできないため上記の配合とした。 粉+水を入れた後、30回程度混ぜ、芯を意識して粉を足して絡めるイメージでエサを作った。
自分の中では、後に足した粉は上の魚をある程度はしゃがせ、芯に残ったエサがふくらみかけているところを吸い込ませるイメージ。
アタリは、付け根付近で触らせ、その後ウキのトップ先端まであまり触らせずにナジませ、10〜15秒後にチクッと活かせるイメージ。エサ打ちは気持ちスローを意識し、テンポが崩れないよう心掛けた。
 

 l  S DESIGNとは  l  商品情報  l  サイトのご利用について  l  プライバシーポリシー  l  お問い合わせ  l
  Copyright (C) 2011 Marukyu Co.,LTD All Rights Reserved.  
掲載記事の無断転載を禁じます。