マークの付いたレポートはユーザー投稿によるものです。 
 

2018.11.12 吉川 友貴

椎の木湖にて「Sグリーン」(チョーチン両ダンゴ)で77枚

■釣行場所 椎の木湖
■釣行日時 2018年11月12日(月)
■天候 曇り時々晴れ
■釣行理由 プライベート
■釣果 77枚
■成績 当日の池の2位
■釣り方 チョーチン両ダンゴ
■仕掛け

竿/8、9、11、16尺
道糸/1.2号
ハリス/上下0.5号(上45〜55cm、下60〜75cm)
ハリ/上下8号
ウキ/ボディ9.5〜14cm PCムクトップ

 

「Sグリーン」800cc + 水200cc

 

終盤を迎えている両ダンゴをチョーチンで楽しみたく釣行。太陽が差したときとそうでないときでウキの動きがかなり変わった。太陽が出ると長めの竿がよく曇ると、どのタナでも上で騒ぎ過ぎる感じ。曇ると深いタナでは全く反応が出なくなった。当日は、上記に粉を足した固めのエサでウキを動かし、手水をくれて高速撹拌した軟らかめのエサをやや小さくつけると、エサ落ち付近でアタり、ヒット率もかなり高かった。面白かったのは、いい感じで動いているのにアタリにならなかった時に、ハリの番手をひとつ下げただけで急にアタリ出したこと。自分では、魚はエサの大きな芯をきらっていてハリの番手を下げたことで、芯が小さくなりアタリに繋がったと考えている。当日は、他にも様々なエサを試し、自分なりにいい配合が見つかったので良かったです。やりたい釣りがあるかどうかを探るにも、「Sデザイン」シリーズは良いと思います。なお、椎の木湖はやはり深いタナだと、新ベラがかなり混ざるので面白かったです。

 

 l  S DESIGNとは  l  商品情報  l  サイトのご利用について  l  プライバシーポリシー  l  お問い合わせ  l
  Copyright (C) 2011 Marukyu Co.,LTD All Rights Reserved.  
掲載記事の無断転載を禁じます。