兼松インストラクターの秘話

 今日、遠路はるばる大阪からマルキューの本社(埼玉県桶川市)に、かかり釣りのインストラクター兼松伸行さんが来社されました。
 8月に徳島県の堂の浦で行われたJFT王座優勝を成し遂げたときの秘話を聞くことができましたので、お知らせします。
 堂の浦という釣り場は鳴門の渦潮でも有名なほど、潮の流れが速いかかり釣り場です。そのような急流場所で、いかにして自分のポイントを確保するのか?といったときに活躍したアイテムが「魚玉」だそうです。初めはダンゴにアンコで混ぜて投入。その後しばらくしてからは、アンコではなくダンゴ材に直接混ぜて使ったところ、ダンゴ材に比べ粒自身に比較的重さがあるため流れに止まりチヌを呼び寄せたと推察。釣れてくるチヌたちは上がってくる際に「魚玉」の粒を吐き出したことから、確証へ変わったそうです。
とても探究心が強く、知識と経験が豊富な方なので、ついつい話に引き込まれてしまいました。きっと兼松さんに釣られてしまうチヌたちも同じなのでしょう。
kane01.jpg3472.jpg