絡み止めスイッチシンカーで進化する、スプリットショットリグ

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ リザーバーマイスター)

季節はアフタースポーンとなり、特にウィードフラットレイクでは
魚がだんだん沖へ沖へと出て行く季節になって来ています。
これからはいろいろなゲームが楽しめるシーズンではありますが、
そんな中でもピーカン無風の真夏日や水がとってもクリアな状況など、
どうしても巻きモノへの魚の反応が厳しい状況というのがあります。

そんな時、いきなりジグヘッドシェイクなどに走ると、広大なウィードエリアでは
カバー出来るエリアがあまりにも狭くなる上、ルアーも弱くなってしまうので、
私はスプリットショットリグでドラッギング気味に広くカバーすることをよく試みます。
この時、フィッシュリーグの「絡み止めスイッチシンカー」を最近好んで使用しています。

TANGLE FREE SWITCH SINKER

(0.2g/0.5g/0.8g/1.2g/1.6g/2.0gをラインナップ)

このシンカーには通常のシンカーに比べて、以下のような多くの優位点があります。

・ラインを一切傷付けずに装着出来る。
・ラインを切ったりせずに簡単にシンカーウェイトが変えられる。
・リーダー部の長さを、ラインを傷付けたりカットしたりすることなく自在に変えられる。

・・・と、ここまではこのシンカーを見ればだいたいの人が分かりますが、さらに優位な点があります。

それは、「通常の球状のシンカーに比べて、ウィードの上に乗る」ということです。

球状のシンカーではウェイトバランスが一点に集中するため、
場合によってはウィードに突っ込んだり埋まってしまうようなシチュエーションでも、
このシンカーは棒状でウェイトバランスが分散されるため、キレイにウィードの上に乗ります。
そして余分な突起部がないため、シンカー周りにウィードやゴミが絡み付くことが殆どありません。
これらのことはウィード攻略において極めて優位なメリットとなります。

先日も琵琶湖で周りはほぼ沈黙の中、このリグで次々とバイトが炸裂しました!

bass2_100620.jpg

bass3_100620.jpg

使用するワームは状況により強さを変えることさえ意識すればほぼ何でもOKですが、
私が一番好んで使用しているのはパワーバランスです。

bass1_100620.jpg

パワーバランスは、このリグで横に引いた時に回転したりすることなく、とてもキレイに泳ぎます。
もちろんポーズ時のシルエットもバツグンで、とにかくナチュラルでありながら
決して弱過ぎないしっかりとしたそれなりの存在感(サイズ)があるのでとても気に入っています。

合わせるタックルはロードランナー ヴォイス 680LSが一番オススメです。
ロードランナーのスピニングモデルの中で最も長さのあるのが680シリーズですが、
LSはティップがソフトで弾かずにしっかりバイトさせられます。
また、密集したウィードエリアにおいて自分から遠い距離にルアーがある状況でも、
バットパワーと長さを活かしてしっかりとしたフッキングを決めることが出来ます。
さらにビッグフィッシュでも主導権を持ってコントロール出来、ウィードに潜られることもありません。

スプリットショットリグと言うと少し忘れ去られた感のある(?)リグかも知れませんが、
絡み止めスイッチシンカーを用いることで非常に有効なリグに生まれ変わります。
ぜひ試してみてください!