野尻湖エビ祭り!バグアンツ3"の「ネコアンツ放置」とは!?

bass1_100413.jpg
平田規晃
(エコギアプロスタッフ 長野在住)
フィールド:長野県 野尻湖

6月になり野尻湖もスポーンがひと段落。
そうなってくると、始まるのがエビパターンです。

ここ3週間ぐらい毎週末野尻湖に出ていますが、
週を重ねるごとに桟橋周辺のエビが増えています。
深い所にもエビはもちろんいるのですが、アフターの回復しようとしている魚は
シャローに大量にいるエビを見逃すはずがありません。

そこで僕がこの時期、ドキドキしながら楽しんでいる(←ここポイント)のが
バグアンツ3"を使った「ネコアンツ放置」という釣り方です。

bass1_110616.jpg(072:テナガシュリンプ)

写真のようにハサミや足のパーツを一部カットしてから1/0フックを逆付けし、
お尻から1/64oz.のネイルを入れてネコアンツ完成です。

次に使い方ですが、ブレイクのきついバンク周辺の
オーバーハング+冠水ブッシュ周辺には大体大量のエビがいます。
その周辺にある大きな石、もしくは沈んでいる木の枝の辺りにネコアンツを置いておくだけです。

ディスタンスはなるべくとって、ギリギリ沈み物が見えるぐらいに船を止めておきます。
あとは、なるべく真上から沈み物周辺にリグを落としてあげます。
この時きれいに垂直フォールさせたいので、僕はPEラインを使っています。

あとは、ラインを緩めて待つだけ!
誘いは時々少しだけ移動させるぐらいでOKです。
この時にPEでの移動距離の少なさが役に立ちますし、
バイトはラインが走りますので、視認性のよさもかなりメリットがあると思います。

この釣り方はとにかくラインがピューッと走ってからしっかりラインスラックをとって
大きく合わせる釣りなので、皆さんもこのラインが走っていくドキドキ感を楽しんでください!

bass2_110616.jpg

<タックルデータ ネコアンツ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 630LS
ライン:PE0.6号 リーダー:フロロ1.5号
リグ:ネコリグ 1/64oz. ネイルシンカー + 1/0フック
   バグアンツ3" (072:テナガシュリンプ)

エビパターン番外編!

この時期、オーバーハング+冠水ブッシュの最奥にディーパーレンジ3/8oz.をぶち込んで
エビ喰いの魚を狙うのも最高に楽しいですよ!
少しのフォールの後、5巻きに以内に来るゴン!って感じの強烈なバイトも堪りません(笑)。

bass3_110616.jpg

DEEPER RANGE


<タックルデータ スピナーベイト>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 680L
ライン:PE3号 リーダー:フロロ4号
ルアー:ディーパーレンジ3/8oz.