琵琶湖遠征で50up連発!ミノーS、M+スキップインザシェードが活躍

bass1_100413.jpg
平田規晃
(エコギアプロスタッフ 長野県在住)
フィールド:滋賀県 琵琶湖

皆さん!釣りしてます?
僕はと言いますと...「まぁ~んず、今年の冬はごいに雪降って大変だったんだよ~!」

今年は雪が多かったうえ、野尻湖解禁が4月28日でスロースタート。
ですが「あのリグに負けない!」と心に決め、ジグヘッドとシャッドを使った釣りで爆釣し、
完全に調子に乗ったテンションMAXな状態でGWに琵琶湖遠征で楽しんできました(笑)。

今回は関西の友人3人とのんびり釣行。
結果から言いますと、僕は50up4本の出来すぎた内容でした。
ちなみに今回同行した3人の友人のうち、2人はロクマルを釣って、
僕は推定ロクマルをミスったのは内緒ですよ(笑)。

釣り方は、プリとアフターの動き回っている魚を釣ろうと中層スイミング中心の攻め。
今回はミノーS、M+スキップインザシェードのジグヘッドリグが活躍してくれて、
57cmのデカバスを釣らせてくれました!

bass1_120514.jpg

(115:パール / スモーク シルバーGlt.バック)

SKIP IN THE SHADE


中層と言うと少し難しいイメージかもしれませんが、そんなことはありません。
僕なりの形・カラー選びの基準は、誰が使っても綺麗に泳いでくれて、
ロールした時に背中とお腹の明暗の違いがはっきり出るものを選ぶ、というもの。
そうなりますと、ミノーS、Mはとても簡単に釣りができます。

今回は濁りもあり、空も曇っていましたので115:パール / スモーク シルバーGlt.バックを選択。
曇りや雨など太陽の光量が少ない時にはラメが凄く効果があります。

プリからアフター前期までのバスには中層攻めがとても効果的な場面が多いです。
みなさんもプリのグ~ンと重くなるバイト、
エサ喰いを食いたいやる気満々アフター前期の引ったくりバイト体験してみませんか?

<タックルデータ スイミング用1>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST640M-Ft
ライン:フロロ7lb.
リグ:スキップインザシェード1/32oz.、1/16oz.(フックサイズ共に#2)+ミノーM

<タックルデータ スイミング用2>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST610LLS
ライン:フロロ5lb.
リグ:スキップインザシェード1/32oz.、1/16oz.(フックサイズ共に#2)+ミノーM

※ 1、2は水深・風・ベイトの状況によって使い分けます。

ちなみに、ポストに限りなく近いシャローにいるアフターのバスを
クリスタルS・シャローロールで釣るのも今回楽しかったですね!

bass2_120514.jpg

SHALLOW ROLL

他の人が誰もやっていないから一人で楽しませてもらいました(笑)。
50upの黒い魚雷がシャローロールを襲う光景は圧巻ですね・・・。

<タックルデータ スピナーベイト>
ロッド:ロードランナー ヴォイス HB680L
ライン:PE3号 リーダー:フロロ4号
ルアー:クリスタルS・シャローロール 3/8oz.