これはほとんどエサ!?バグアンツ2" & ロッククロー2"で野尻湖爆釣

bass1_100413.jpg
平田規晃
(エコギアプロスタッフ 長野県在住)
フィールド:長野県 野尻湖

野尻湖でバグアンツ2"、ロッククロー2"の爆発する季節が今年もやってきました!

(066:ヌマエビ)

(086:ウォーターメロン レッド+ブラックFlk.)

僕のホーム野尻湖ではワカサギと同じくらいエビも沢山います。
特にこの時期、スモールは産卵を終え体力回復のために捕食のしやすいエビを凄く意識します。
となると、バグアンツとロッククローが爆発しないはずがありません!
基本、週末しかフィールドに出られない僕なので、
今年の爆発のスタートを確認できたのは6月上旬からです。

この時は週末にゲストさんが関西から遊びに来てくれました。
このワームの釣れっぷりにモノ凄く驚いていましたね!
エリアのタイミングが合った時はダブルヒットも何回かあったぐらいですから。
リグを落とせば釣れる時もありましたし(笑)。

bass1_120619.jpg

bass2_120619.jpg

それではリグですが、キャロとスプリットを状況で使い分けました。
リグの使い分けの基準として、気圧の高い時はロングリーダーのキャロで、
気圧の低い時はスプリットショットリグです。

そしてバグアンツとロッククローの使い分けですが、
一定のレンジを引くもしくは早いテンポで引いていく時は、
手のプルプルが良い仕事をしてくれるロッククロー。
止めるのを意識したり、フォールが効く時はバグアンツ。
カラーの選択は去年のレポートを参考にしてください。

最後に★注意事項★です!
バグアンツ2"とロッククロー2"は飲まれることが非常に多いです。
なので、飲まれた時の対策のためにバーブレスフックとハリ外しを使ってください。
バスに深刻なダメージを与えないためにもよろしくお願いします!!!

この釣り方の有効なのは、7月下旬までがいい時期の目安です。
皆さんもバイトラッシュを味わってくださいね!
針持ちのいいワームなのに、カラーがハマると1パックが1日で終わるくらい釣れますよ(笑)!

<タックルデータ1 ライトキャロ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 680LS
ライン:フロロ3lb. リーダー:フロロ3lb.
リグ:3/32oz.ライトキャロ+オフセットフック4番
ワーム:バグアンツ2"(036:プラム スモールグリーンFlk.、043:ライトグリーンパンプキン、066)
     ロッククロー2"(036:プラム スモールグリーンFlk.、043:ライトグリーンパンプキン、086)

<タックルデータ2 スプリットショット>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST610LLS
ライン:フロロ3lb.
リグ:1gスプリットショット+オフセットフック4番
ワーム:バグアンツ2"、ロッククロー2"(タックルデータ1同様)

(バグアンツ 036)

(ロッククロー 043)