秋の野尻湖!スモールおすすめメソッド3連発!

bass1_100413.jpg
平田規晃
(エコギアプロスタッフ 長野県在住)
フィールド:長野県 野尻湖

今年の9月は暑かったかと思えば、急に寒くなったりして季節の変わり目を感じますが、
そのおかげで水の中も秋っぽくなってきました!
山上湖である野尻湖は相当寒いときもあるので、遠征時にはレインウェアとグローブは忘れずに!

さて、例年なら9月の野尻湖はかなり難しいのですが、今年はどうした訳だか釣れ釣れ状態!
でも、少しでもタイミングを外すと、さすがの気難しいスモール。
秋の禁漁まで1ヶ月半を切った野尻湖で、効率よく釣っていくための3メソッドを紹介します!

bass1_120929.jpg

<その1:オススメ度 ☆2個 キーワード「中層」>
去年の11月のフィールドレポートでも紹介しました、
ベイトフィネスでのライトラバジのスイミング!
使うワームはパラマックス3"。

(037:クリアグロウ(夜光)ホログラムGlt.+ブラックFlk.)

今年も6月から爆発してますよ!詳細は去年のレポートで確認してくださいね。
ゲストさんもその爆発力を見て食いつく人とそうでない人にはっきり分かれます。
中層をきっちり切って釣っていくという感覚に抵抗がある人も多いので、☆2個。

bass2_120929.jpg

<その2:オススメ度☆1.5個 キーワード「流される」>
今年発売されたロードランナー ストラクチャー ST680MLS-ULFt。
これがあるからこそより簡単になったライトキャロの釣り。
このライトキャロの秋バージョンを紹介します!

「流される」が重要なだけあって、リグも軽いです。
キャロのシンカーは1/32オンス、リーダーの長さは竿1本分。
具は必ずサンスンにオフセットフックで。

(066:ヌマエビ)

風が重要なファクターになる野尻湖には、当然湖流もあります。
それにリグを乗せて釣っていくのですが、リグを流し気味に使うため、
ボトムで沈み枝にフックが引っかからないように必ずオフセットでお願いしますね。

あと、実はあまり言いたくないのですが・・・。
今年はサンスンの066:ヌマエビカラーが大当たりしています。
あ~あ、言っちゃった(笑)、くれぐれも使いすぎないでくださいね(笑)。

☆1.5個には理由があります。
この技は湖流の強いエリアでリグをロッドワークでたまに浮かせながら流すのですが、
ちょっとコツがあって結構難しいので☆1.5個にしました。
でも、ドラッギングしてラインを微妙に張らず緩めずで流しながら、
あの微妙なアタリを感じて→送って→アワセる!
これは本当に楽しいです!あの感覚はもう思い出しただけで(・∀・)ニヤニヤものです。

bass3_120929.jpg

<その3:オススメ度☆3個 キーワード「落とす」>
去年の野尻湖クラシックから脚光を浴びるようになった、極小ネコリグ。
実はこの釣り方、桧原湖では昔からよく使われていましたが、
野尻湖ではあまり使われていなくて、僕自身も忘れていたリグです。

でも今シーズンから久しぶりに使い始めてみると、「やっぱり釣れるよ!これ(笑)」
しかも、割と誰がやっても結果を出しやすいのでオススメします!
具はサンスン+ネイルシンカー1/32~1/96オンスまでを状況を見ながら、
そしてカラーは016、036、066を使い分けます。

(016:グリーンパンプキン)

(036:プラム スモールグリーンFlk.)

ロッドはチューブラーカーボンの絶対的な感度と食い込みのバランスが凄い
ロードランナー ストラクチャー ST610LLSを使っています。
ラインスラックをかなり出したりしますので、感度はかなり大切です!

よくゲストさんから、「サンスンにネイルシンカー入れるのムリ~!」と言われますが、
爪楊枝やフックで最初に穴を開けておくと簡単ですし、慣れてくると穴を開けなくてもできます。
フックの注し方は真ん中に縦刺しがオススメです。

さて釣り方ですが、これが簡単すぎて物足りない...。
当然まったく飛ばないのでドラッギングしながら、ラインを20m前後出していきます。
リグがボトムについたら、後はシェイクしながらバスのいる付近を魚探で確認しつつ通過するだけ。
簡単ですよね(笑)。

たまに張り過ぎたと思ったら、ラインを出したりロッドワークでリグを浮かせたり結構自由でOK。
この動作ではネコリグ特有の綺麗な垂直フォールがポイントで、「落とす」になるわけです。
フォールから着底、動かし始めでバイトが出る場合が多いので集中してください。
「投げて、ラインを出して、シェイクするだけ」で簡単に釣れるので、☆3個です!

bass4_120929.jpg

この3つの釣り方は禁漁までメインになりますので、本当にオススメですよ。
一年の内で一番走って跳ねて楽しませてくれる、
野尻湖の超気難しい秋スモールを楽しんじゃってください!

<タックルデータ ライトラバジスイミング>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST640M-Ft
ライン:フロロ5lb.
リグ:1/16oz.ラバージグ+パラマックス3"+ネイルシンカー1/64oz.

<タックルデータ ライトキャロ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST680MLS-ULFt
ライン:フロロ3lb. リーダー:フロロ3lb.
リグ:1/32oz.ライトキャロ(オフセットフック)+サンスン(066)

<タックルデータ ネコリグ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST610LLS
ライン:フロロ2~3lb.
リグ:ネコリグ(1/32~1/96oz.ネイルシンカー)+サンスン(016、036、066)