秋の野尻湖攻略法!エコギア アクア ストローテールグラブ2"

bass1_100413.jpg
平田規晃
(エコギアプロスタッフ 長野県在住)
フィールド:長野県 野尻湖

9月に入り、長野県の北の方は夜がとても涼しくなってきて、
早くも虫の鳴き声が心地いい季節になってきました。
 
さて、今年の野尻湖は去年よりも水温が低いためか、
バンクにいるワカサギの量が比較的多いです。
そのため、去年活躍したサンスンよりも爆発しちゃってるワームがあります!
SANSUN
それはエコギア アクア ストローテールグラブ2"です!
カラーは水の感じで


A09:ナチュラル クリスタル+ブラックFlk.と


A12:フレッシュレッドグロウ(夜光) ゴールド+ブラックFlk.を、使い分けています。

スモールが捕食している当歳魚のワカサギのサイズに合わせるため、
頭を1cm程カットして使っていますが、使用方法はダウンショットのワッキー掛け。

使用方法はまた動画作っちゃいましたので、そちらで見てくださいね(笑)
 
さぁ、みなさんも野尻湖の気難しいスモールを楽しんじゃってください!!

<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST610LLS
ライン:フロロ2lb.
リグ:1/16oz.ダウンショットワッキー++エコギア アクア ストローテールグラブ2"(A09、A12)

あと、夏のパターンとして、野尻湖の真ん中で起こる沖ボイルを
トレジュ133で撃つパターンをご紹介します。

TREJU 133

今年は表水温が梅雨前に例年より上がらず、いまいちワカサギが浮かなかったので
例年ほど強烈パターンにならないまま7月をピークに収束してきていますが、
たまにワカサギが沸くと楽しめます。
ゲストさんにも楽しんでもらい、このパターンでのトレジュの有効性を知ってもらう
いい機会が何回かありました。

使うのはトレジュ133じゃないと駄目です。
大切なのは飛距離、ボディサイズの水押し、大きいテーブルターン、フックのポジション。
この事を実際見てもらったら、皆さんいいリアクションしてくれました。

bass1_130905.jpg

bass2_130905.jpg