テクニカルに楽しめる、春のボートアジング

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。

東京湾のボートライトゲームを皆さんに楽しんでもらうために続けている野呂道場ですが、
メバルの次のターゲットとして見据えているのが、ボートアジングです。
水温が少しずつ上がってきて、アジの活性も上がってきたということで、ポイント開拓も含めてプラクティスに出船しました。

東京湾のアジングシーズンは晩夏~晩秋にかけてデイゲーム、ナイトゲーム共に楽しめ、
魚も比較的イージーに口を使ってくれるので良いのですが、気温、水温が上昇する春にもアジングが楽しめます。

しかし、晩夏~晩秋にかけてのアジングと異なる点は、少しテクニカルであるところです。

この日は今シーズン初のアジングだったので、まずはポイント探しからスタート。
東京湾のボートアジングのポイントとなるのはバースや堤防から明かりがさす明暗部や、
後はカレントが強くきくポイントが主で、水深は平均で15m前後。
中には例外もありますが、基本的にはこの水深のボトム付近を釣るのが東京湾のボートアジングです。

シーズン最初のプラクティスなので、アジを見つけるまでに非常に時間がかかりました。
いつもいる所が決まっている魚ではないので、その日付いているポイントを見つけるのは、
アジの群れが少ないこの時期は非常に大変でした。

かなりのポイントをランガンして、やっと魚探にも映りこむくらいの群れを見つけて
アプローチを開始しましたが、意外と反応が薄い感じです。
たまにバイトを捕らえますが、フッキングしなかったり、フックアウトの連続。

何がいけないのかと試行錯誤しながら、軽いヘッドでカレントに乗せてノーアクションで漂わすように流していると、
しっかりとしたバイトがこの日初めて出ました。
釣り上げたアジが吐き出したのはこの時期特有のベイト、バチでした。

なるほど。と思い、アジマストの1.6インチから2.4インチへサイズアップ。
使用中のシンカーも、もっとも軽いアジチョンヘッドの0.4gにチェンジすると、
このパターンがバッチリとハマリ、東京湾のボートアジングらしいイレグイモードに突入しました。

  SKIP IN THE SHADE

aji1_0519.jpg

aji2_0519.jpg

東京湾のボートアジングをやってきて、その時捕食しているベイトでここまでバイトに違いが出たのは初めてだったので、
非常に勉強になったプラクティスとなりました。


<タックルデータ>
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 69
ライン:フロロ 1.5lb.
ルアー:アジ職人 アジマスト1.6インチ、2.4インチ
    + アジチョンヘッド 0.4g