ダートマックスの飛距離を味方につけて!

  • 情報公開日:
  • カテゴリ:

鈴木_顔写真.jpg
鈴木智也
(エコギアプロスタッフ 福井県在住)
フィールド:福井県 越前海岸

私の地元フィールド越前海岸では今シーズン、未だに産卵個体が多く、例年よりも長くエギングを楽しめています。
メタルジグで40cm前後の鯵や梅雨時期の尺メバルも釣れてきているので、後ろ髪をひかれますが
エギングをじっくりやり尽くそう!と、釣行に出かけています(笑)
しかし、天候的に風の向きや強さでやりにくい日も多く、越前海岸嶺北を南へ北へと走り回っています。

また、同行してくれる仲間もダートマックスを購入しきてくれ、大型のアオリイカの釣果もいい感じに出てきました。
ダートマックス 4号(D35CS:ホワイティンクリスタルシルバー)にて、胴長 33cm、1.5kg



egi1_0630.jpg

ダートマックス 3.5号(D27CG:ラグジュアタイガークリスタルゴールド)にて、胴長 36cm、1.7kg

D27CG:ラクジュアタイガークリスタルゴールド

egi2_0630.jpg

これほどの釣果がでる理由は、
① ダートマックスのキャスティング時の飛距離
② 風の影響に強い部分
③ ラインスラッグが出る中でもエギがしっかり動く事
などが大きく釣果に表れてきているのだと思います。

「少し沖の方に潮目が寄って来たところになんとかエギを送り込めたら」といった状況でも抜群の差がでます。

先日も厳しい状況が続き「ダメだなぁ~」と思っていると、届くかどうかという距離に潮目。
なんとかその潮目に入れられ、ひとしゃくりした後に待望のアタリ!

egi3_0630.jpg

胴長 32cm、1.3kg
1発で結果が出てくれました。

また、接岸した鰯にシーバスがライズする中、潮の流れを捉えて1発で答えが出ました。
しかし、このアオリイカはランディングで落としてしまい、オートリリースしてしまいました。
持った感じでは1.3kgぐらいでしたが、このイカの後ろからさらに大きなアオリイカが着いてきました。
同行者にすぐにエギを投げてもらったものの反応はしなかったのですが、2kg以上はあったので残念です。

気を取り直し、立ち位置を変えた数投目に再度アタリ!

egi4_0630.jpg

サイズは小さかったのですが、その前について来たでかアオリを今度は獲りたいです。


<タックルデータ>
ロッド:9フィート エギングロッド
リール:ステラC3000SDH
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 1.75号
ルアー:ダートマックス 4号(D35CS)、ダートマックス 3.5号(D27CG、D201CG)