東北サーフに春到来! フラットフィッシュシーズンイン!!

齋藤 正樹
齋藤正樹(エコギア/ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:宮城県 県南サーフ

みなさん、いい釣りしていますか~?

ここ最近、仙台湾でいい感じでヒラメが釣れはじめたと仲間から情報が入ってきました。
「もしかしたら、今年のサーフはシーズンインが早いかもしれない」と思い、さっそく調査に向かいました。
現場に着いたのは17時を少しまわった夕日がきれいな時間でした。潮は最干潮からの上げ三分というベストな夕まずめタイム。

マゴチシーズン初期の特徴は、まだ水温が低いこともあるからだと思いますが、ショートバイトが多い気がします。
そこで、私の場合は三又キャロなどでワームで探るよりも、リトリーブヘッドやメタルジグを多用します。
アクションは、小さい小刻みなリフト&フォールで誘います。

まずはヨブを探します。ヨブは意外と簡単に見つけられます。
「白波が全体的に沖にあるのに対し、一か所だけ岸に近いところに白波が立つところがある」とか、
「一か所だけ白波が立たないところがある」など、他と少しでも違う変化を見つけてみましょう。

ヨブをいくつか見つけたら、手始めにハタジグ35gをセレクトしキャストを開始。
カラーは、HJ04:コットンキャンディをセレクト。

 

何度もキャストを繰り返しますが、なかなかバイトが得られません。
カラーをHJ06:ピンクホロにチェンジするも、スタートから一時間経過するが反応なし。

 

もっとスローなのか? そう考えて、リトリーブヘッドパワーシャッド5インチでさらにスローに誘えるようにしました。

RETRIEVE HEAD

潮も少し濁っているようなので、ワームカラーを328:UVリアルイワシを装着しました。



アクションは、リフト&フォール(カーブフォールをちょっと長めにする)を試してみました。
すると、数投目に明確なバイト!
フックアップしてみるとなんと心地よいヘッドシェイクがロッドからリールを巻く手に伝わってきます。
どきどきしながら無事に写真のマゴチを釣ることができました。いつ釣っても初物はとっても嬉しいものですね!!

flat1_0425.jpg

使ったリグは、リトリーブヘッド 20g + パワーシャッド 5インチ。

flat2_0425.jpg

もう一匹釣りたかったのですが、奥様から帰っておいでのメールが......。残念ながらここでタイムアップ。

しかし、読み通りで今年は少し早かった!
これで宮城恒例のフラットフィッシュシーズンがやってきましたね~!

シーズンは県南エリアから始まり徐々に沿岸部全体に広がって行きます。
今年は、5月になれば県内のあちらこちらで釣果報告が聞こえて来るでしょうね。

さぁみんな、釣りに行こうぜ!!


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO94XXHS2"マックスリーチ"
ライン:PE 0.8号 リーダー:ナイロン 16lb.
ルアー:ハタジグ 35g、
リトリーブヘッド 20g + パワーシャッド 5インチ(328: UVリアルイワシ)

00