ボートアジングでサイズを釣り分けるには

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。
東京湾ボートアジングは、簡単に数釣りが楽しめる魅力がある一方で、すごくテクニカルな部分があるので、マニアなアジングアングラーに受けています。
オカッパリとの絶対的な違いは、"狙う水深と安定しない足場"です。

オカッパリの場合は、一定の潮の流れや風向きへの対応をすれば済むところ、
ボート上では潮の流れに対して移動する足場も考慮して様々なアプローチを仕掛けないといけません。
こういった状況がバチッとハマッた時にヒットさせるアジは、釣れたというよりも"釣った感"が非常に強く、
中毒性があり、マニアがボートアジングにのめり込んで行く要因になっていると思います。

さらにこのアプローチをジグ単のみで攻め込んで行くのは、僕のような更にディープなアングラーだけでしょう。


今回の釣行時のポイントは水深 20m超えのエリア。
2.5gのアジチョンヘッドのみというジグ単スタイルに私のブレはありません。

前情報でアジが成長していることを聞いていたので、いつもならエステルラインをメインラインに選択するのですが、
今回は、強度重視のフロロカーボンライン1.5lbをメインラインに入れました。

ワームのローテーションはいつも通り。
アジ職人 アジマスト 2インチ ⇔ 2.4インチを交互にカラーローテーションしながらサイズ展開します。

aji1_1106.jpg

その後、食い渋ってきたら
エコギアアクア活アジストレート2インチ、エコギア熟成アクア活アジストレート2.3インチをフォローで入れていくのが自分のスタイルです。

aji2_1106.jpg aji3_1106.jpg

ただ、この日はアジのレンジが大小のサイズでバッチリと分かれていました。
水深の上層部に小さめのアジ、下層部にメガサイズの尺超えアジが潜んでいる状況でした。
厄介なことに上層部のアジの活性が高く、一口サイズのワームではフォール中にヒットしてしまい、狙いの水深にアプローチできませんでした。

ジグ単にこだわらず、バチコンのように一気にリグを海底まで落としこんで釣る釣り方もあるのですが、
自分はオートマティックな釣りよりも思い通りにアプローチしてメガアジを仕留めたかったので、
ワームのサイズを伸ばしてフォール中に豆アジに食い込ませないようにするため、選択したのは「アジ職人 ソフトサンスン」。

aji4_1106.jpg

狙い通りにフォール中には豆アジからのバイトが多発しますが、そのままボトムまで落ち込んでくれました。
そうすると、この日感じていない強烈な手首まで引き込まれるような強烈なバイトを捉えました。

フッキングすると青物かと思うような強烈な引き込み。
エステルラインだったらと思うとゾッとしながらのファイトの末、
水面付近で一瞬シーバスかと落胆してしまったほどのサイズのアジが水面に浮き上がりました。

キャッチしたのは35cmを超える狙い通りのギガアジ。

aji5_1106.jpg

その後も同じアプローチで尺超えのアジが連発する夢のような時間を過ごしました。

aji6_1106.jpg

奥が深い東京湾のボートアジング、皆さんも是非体験してみてください。


<タックルデータ>
ロッド:エコギアスペックKATSU-AJI 67、69
リール:2000番クラス
ライン:フロロ 1.5lb
ルアー:アジチョンヘッド 2.5g
アジ職人 ソフトサンスン 3インチ