七里御浜海岸のサーフ太刀魚ゲーム

  • 情報公開日:
  • カテゴリ:

P1050785.jpg
葛原正夫
(エコギアプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 七里御浜海岸

七里御浜海岸は熊野灘に面した鬼ヶ城から熊野川河口までゆるやかな弧を描き、20数kmにわたって続く、小石と砂からなる平坦な美しい海浜です。
この地元の美しいサーフでのサーフ太刀魚の釣果報告です。

七里御浜サーフは1年を通して魚種さまざま、色々なターゲットを狙うことができます。
なかでも、この秋から冬にかけて熱くなってくるのが青物です。
今回はその青物の回遊前に混ざってくる太刀魚をメインターゲットとしました。

ターゲットは太刀魚ということで、朝マズメ前の暗いうちから明るくなってからの数十分がチャンスタイムとなってきます。

tachiuo1_1127.jpg tachiuo2_1127.jpg tachiuo3_1127.jpg

今回使用したリグは、スイミングテンヤ20g + パワーシャッド4インチと、スイミングテンヤ20g + バルト3.5インチ。

SWIMMING TENYA



  POWER SHAD  BALT

使い分けとしては、パワーシャッドで反応が無くなればバルトにシフトし、反応が出やすい方を探ってリグを決定します。

このリグは、ノーアクションのただ巻き(ミディアムリトリーブ)が基本で、表層付近から探っていき、反応が無ければ少しずつレンジを下げていきます。
するとリトリーブ中に根掛りしたかのような太刀魚独特のバイトがでてきます。
良い群れにあたれば二桁も狙える程の群れもあるので、ワイヤーなどの準備も万全にしておくほうがいいと思います。

明るくなって反応が無くなってから連続ヒットしたのは、グラスミノーの三叉ヘビーキャロライナリグでした。

tachiuo4_1127.jpg

ウエイトは21~40gまでを使用し、リーダーの長さは1ヒロ~1.5ヒロ。フックはノーシンカーで軸の長いものを使用します。

tachiuo5_1127.jpg tachiuo6_1127.jpg

このヘビーキャロも使い方は基本的にただ巻きでOK。
アタリが無ければ上から順番にレンジを下げていき、ヒットレンジを探していきます。
少し軽めにアクションをつけてからのカーブフォールも良い感じにヒットする場合もありますので、色々試してみるのも良いと思います。

日ムラはありますが、このサーフ太刀魚ゲーム、青物の回遊前にチョコット試しにいかがですか。

tachiuo7_1127.jpg tachiuo8_1127.jpg tachiuo9_1127.jpg tachiuo10_1127.jpg tachiuo11_1127.jpg tachiuo12_1127.jpg


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO94XXHS2
リール:4000番
ライン:PE 1.0号 リーダー:フロロ 7号