アフター&プリスポーンのグッドサイズ連発! 気仙沼でボートロックゲーム

田中 努
佐々木俊(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:宮城県 気仙沼

皆さんこんにちは! プロスタッフの佐々木です!

今回は気仙沼エリアでボートロックを楽しみに行ってきました!
朝一からロッドを振りたかったのですが、アワビの開口と重なったため遅めの10時半スタートです。

この日は凪が良く、普段は入れないような沖に点在する浅い根を狙うことができたのでボートを走らせました。
水深1m前後の根周りをキジハタグラブ4.5"(370: ケルプジャングルチョイス)の3/4ozビフテキで探っていくと、開始早々にカンッ!と金属系バイト!



フッキングして一瞬重みが乗るも、バレてしまいました。

エリアを少し変え、岸よりのシャローをキジハタホッグ(430: レバーシークレット)で探っていくと、
40cmクラスのアイナメがコンスタントに釣れていきます。



rock1_1130.jpg

キジハタホッグのバタバタとした動きがこの日は当たりだったようで、光が透過しないようなカラーにバイトが深く出ました。

ひと通り探っていくと、水深50cmほどのフラットエリアに出たため
ルアーをウインドレンジTW 5/8oz.(747: ライブアユ)に変え、スピーディーにチェックすると
ドスンッ!とロッドに重みが伝わり、50cm弱のアフター回復系のメスをキャッチ。



rock2_1130.jpg

フラットエリアを抜けた後は、再びキジハタホッグで探っていきます。
シャローのスリットへ丁寧に送り込んでいくと、カンッ!と金属系バイト!!
これもアフター回復系のメスのをキャッチ!

シャローはアフター回復系が多いため、次は少しレンジを落としてプリの魚を狙っていきます。
水深のある根周りの潮が当たるアウトサイド側を流していくと、同船者が50cm、2kgというコンディション抜群のアイナメをキャッチ!

周辺をテンポよく釣っていくとモゾモゾと違和感のようなバイト。
フッキングするとロッドが止まり、バット近くまで絞り込まれます!

RPO76XXHC2のパワーで突っ込みに耐え、姿を現したのはモンスターベッコウゾイ!

rock3_1130.jpg

あまりの太さに放心状態になりました(笑)
計測の結果、51cm、2.5kgオーバーで、文句なしのグッドコンディションでした!

やはりベッコウゾイは何度見てもかっこいい魚です(*^^*)
その後も40後半のアイナメをコンスタントにキャッチし、満足のいく釣果となりました!

水温がやっと安定してきたので、今シーズンはこれからが狙い目なので皆さんも是非フィールドへ足を運んでみてください(^^)


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO76XXHC2
リール:クラド 201HG
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:キジハタホッグ(430: レバーシークレット)+ビフテキ 21g
ウインドレンジ TW 5/8oz.(747: ライブアユ)