東北最大級のロックフィッシュイベント【ワンモアキャスト】で3位入賞!

田中 努
佐々木俊(エコギア / ノリーズプロスタッフ 宮城県在住)
フィールド:宮城県 気仙沼

皆さんこんにちは! プロスタッフの佐々木です!

12月2日に行われた、岩手県にある釣具屋 フィッシング海王さん主催のワンモアキャストin釜石に参加してきました!
ワンモアキャストは今年で4回目の開催となり、年々参加者が増えて今年は参加者が180名という東北最大級のトーナメントとなりました!
トーナメントエリアは釜石エリアのピックアップされた漁港のみで行われ、3匹のライブフィッシュの総重量で競われます。

私がエントリーしたのは会場前の根浜漁港。
プラクティスに入れなかったため、とりあえず様子見としてチェックを入れることにしました。
朝一のフィーディング狙いで10gのビフテキにロックマックス3インチ(370: ケルプジャングルチョイス)でアマモを探しながらサーチしていきます。



アマモが生えている場所を把握したら、その周辺をじっくりずる引き&ステイのスローな誘いをすると、カンッ!という鋭いアタリ!
開始早々、キロ弱をキャッチすることに成功しました。

ワームをリングマックスパワーオーシャン3インチ(414: 魅惑パープルカモ)に変え、同じコースへ数投するとステイ中に再びバイト!



続けてキャッチしたのはキロアップのキッカーです!

スタートダッシュに成功し、魚の供給がありそうだと感じたのでこのポイントで粘ることにしました。

しかし、その後バイトが無くなったので場所を休めるために向かい側にある堤防へ移動しました。
堤防のヘチを得意のミノーSのリアクションで探っていくと先端付近で1,500gクラスのスーパーキッカーを発見!
アプローチしていくも一度反応したのみで食わせることはできませんでした。

再び朝一のポイントへ戻り、リグのウエイトを10gから17.5gに上げて、先程探っていた所より沖のアマモを探していきます。
アマモを見つけたらその中をずるずると引いてくるとカンッ!とバイト!
500gクラスのキーパーをキャッチしリミットメイクに成功。

入れ替えをするために再び沖を探ると小さなバイト。
ロックマックスのテールだけちぎられてしまったのでそのまま同じコースへキャスト。

ずる引きでバイトが浅かったため、ロッドをパンパンッ!と小刻みに跳ね上げるクイックリアクションでバイトを誘発させると
カンッ!!と狙い通りに深いバイト! フッキングするとロッドが止まり、グングンッ!と、でかアイナメ特有の重量感のある首降り!
一定のテンションを保ったままファイトし、ランディングの準備をしようとした瞬間に、フッとラインテンションが抜けてバレてしまいました。

引きの感じからして1,500g近いキッカーサイズだっただけにショックでした。
その後は追加することができずにタイムアップとなりました。

検量の結果、3匹のウエイトは2,740gで3位に入賞することができました!

rock1_1213.jpg rock2_1213.jpg

表彰式が終わったあとは参加者が楽しみにしている抽選会やじゃんけん大会、各メーカーブースの商品説明などが行われ、
私もロッドやワームの説明をさせていただきました(^^)

rock3_1213.jpg

大会が終わったあともワイワイと楽しめるので、
ワンモアキャストの参加者は初心者や家族連れからトーナメンターまで幅広くエントリーしているのも、この大会の醍醐味のひとつです!
来年も開催されると思いますので皆さんの参加お待ちしております!


<タックルデータ>
ロッド:フラットフィッシュプログラム ラフサーフ88
ライン:PE 0.4号 リーダー:フロロ 12lb.
ルアー:ロックマックス3インチ(370: ケルプジャングルチョイス)、
リングマックス パワーオーシャン3インチ(414: 魅惑パープルカモ)、
+ビフテキ 10g、17.5g