マズメ時を外して低活性な時間帯を狙うフラットフィッシュゲーム

柏木 晃
柏木晃(エコギア/ノリーズ プロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 湘南・西湘地域

寒くなり始め、いよいよヒラメのシーズンインというところでしょうか?
今年は土日をまたぐ台風が連続し、釣行機会も少なかったのではないかと思います。

11月に入ってほぼ冬なのですが、いまだに夏物の青物が釣れている状況で、少しおかしな年末となりそうです。
と言いますが、釣り人にとっては"良い意味で"この時期になっても、まだベイトフィッシュが湧いていると言えます。

いくつか釣果がありましたのでご報告致します。

flat1_1201.jpg flat2_1201.jpg

2尾とも「デイゲーム」でのヒットのものですが、ヒラメ釣りがここまでブームになった大きな要因は、ヒラメ・マゴチは「デイゲーム」でも釣れること。
しかも夏物と思われていたマゴチにおいては、その常識は崩れ、真冬でも釣れることが今や常識。

朝・夕のマズメ時には、もちろん高活性で釣り的には好機なのですが、反面、釣り人が集中し、ヒラメ釣り基本のメソッド「ラン&ガン」もままならなくなり、
釣り座確保も難しい状況も多々で、隣人とのライン交差を気にしながらのキャストはストレスもアップ......

そんな中で提案したいのが「デイゲームは、いかがでしょうか?」ということ。

確かにマズメ時とデイゲームでは、マズメ時の方が高活性ではあるのですが、
一方、船やボートでのヒラメ釣りは、ほとんどがデイゲームで釣れていて、昼間でも釣れる事実があるのです。

ただ、マズメ時を高活性とするならば、デイゲームは......低活性時間帯ということになります。
その低活性時に、いかに口を使わせ、食わせられるか?
となりますと、相手は動きたくない訳ですからできるだけ口元に通し、「これは食える!」と、思わせられる誘い方が良いと思います。

マズメ時は真っ暗、もしくは薄暗い状況下ですから、
より目立つ、派手なカラー、派手な動きのワームといったルアー選択が好まれ、それはそれで良いと思います。

が、デイゲームとなると、マズメ時の「真上を通して食わせる」感覚ではなく、
「引き寄せて食わせる」といった誘い方が効果的だと思います。

つまり、デイゲームには「リアルワームで、より低レンジ」、「スイミングから、ボトムパンプなどを入れたスローな誘い方」、
そして「よりリアルなワーム」が効果的だと思います。

寒くなる季節、日が完全に昇ってポカポカ陽気になってからのデイゲームにトライしてみてはいかがでしょうか?

デイゲームのオススメワームは、
パワーシャッド「115: パール / スモーク シルバーGlt.バック」と「439: 房総プラチナキス」。

115:パール/スモーク シルバーGlt.バック (115: パール / スモーク シルバーGlt.バック)

 (439: 房総プラチナキス)

横風があるならば、飛距離がアップする「ミノー M、L」をチョイスして見てください。

 (ミノー 115 カラチャ画像)

これからの時期、一層肉厚になる「寒ヒラメ」釣りを楽しんで下さいませ。


<タックルデータ>
ロッド:フラットフィッシュプログラム ラフサーフ88