産卵時期のメバルを攻略するワームローテーション

北野_顔写真.jpg
北野雅朗
(エコギアプロスタッフ 兵庫県在住)
フィールド:兵庫県

神戸港のライトゲームもアジングが一段落するとメバリングの季節がやってきます。
この季節は産卵組のメバルが接岸してパワフルな引きを堪能できる季節でもあります。

港湾メバリングで重要なことは【レンジ探し】です。

流れに着いているメバルを攻略するのはメバル職人 ミノーSS

(377: クリアレモン」)

mebaru1_1228.jpg

特に都市部の港湾では「377: クリアレモン」カラーに実績があります。

表層から中層のリトリーブではスローに引けるグラスミノーSSがおすすめ。

(377: クリアレモン)

mebaru2_1228.jpg

グラスミノーSSに待望の追加カラー、377: クリアレモン♪
やはり好反応です。

最後に、ボトム攻略はメバル職人 メバダート1インチ。

(407: アミエビ)

mebaru3_1228.jpg

デイもナイトも実績の「407: アミエビ」カラー♪

状況や場所によって色々なワームやカラーを使い分けてメバルと対峙していく事で、数釣りが楽しめます。

mebaru4_1228.jpg


<タックルデータ>
ライン:フロロ 1.5lb
ルアー:メバル職人 ミノーSS/グラスミノーSS + シラスヘッドファイン 1.8g #8、
メバル職人 メバダート1インチ + アジチョンヘッド 1.2g